加賀フィッシングエリア 2017年12月2日(土曜日)【その2】

今回は2017年12月2日(土曜日)に栃木県にある『加賀フィッシングエリア』という、ニジマスなどの管理釣り場(釣り堀)にキャンピングカーで行った時の様子をご紹介。

加賀フィッシングエリア

時刻は午前8時30分過ぎ。少し早い時間帯の放流にも関わらず、早朝より悶絶タイム(お魚が釣れない時間)が続いております。

加賀フィッシングエリア

景色、水の色等は最高なのですが・・・。

加賀フィッシングエリア

ランディングネットが寂しそうです。

加賀フィッシングエリア

こんな時はジタバタしても始まりません。キャンピングカーに帰り(現実逃避?)コーヒーでも淹れて飲みましょう。それ程お腹が空いている訳でもありませんが、コーヒーを飲みながらおやつタイム。

加賀フィッシングエリア

車窓の外にはのどかな風景が広がっています。

加賀フィッシングエリア

気分転換に竿とルアー、ランディングネットを持って休止中の3号池までお散歩。途中の2号池にも人が沢山いますが、あまり釣れている様子はなさそう。

加賀フィッシングエリア

時々見掛けるキャンピングカーさんも来ていました。

加賀フィッシングエリア

スペシャルポンドの脇には新しいジル君の姿もありました。

加賀フィッシングエリア

ダメ元で3号池の排水管脇でトルネード様を寒中水泳させていると、やや大型のニジマス君がヒット!

2ポンドのナイロンラインのため、「アワワワワ・・・」と冷や冷やしながらしばらくやり取りをし、無事にランディングネットに収めることがきました。

加賀フィッシングエリア

「コレは!」と思ってじっくりと3号池を攻めるものの、その後が続きません。

加賀フィッシングエリア

3号池も水は非常にキレイ。

加賀フィッシングエリア

と、思っていると、見かねたのでしょうか?何と3号池に待望の放流です。トラックの生け簀から網で直接すくわれたニジマス君達が3号池に。

「うおっ!珍しかぁ~放流フィーバータイムじゃ~」とばかりに、手持ちのルアーをブンブンと投入。元気な放流ニジマス君が飛び出してくるハズです。

人もほとんど居ないため、貸し切り状態の3号池で釣り放題です。

と、思ったのですが、現実はそう甘くはありませんでした。ルアーを投げても投げてもニジマス君からの反応は無く、やはりこの広い池に手網5杯程のニジマス君では、焼け石に水といったところでしょうか?

あえなく惨敗し、力なく1号池に戻っていく私でした。今日の加賀フィッシングエリアは私にとっては相当厳しい状況です。それでも釣っている人はそれなりに釣っていると思われ、やはり腕の差を認めざるを得ませんね。

関連記事

ページ上部へ戻る