加賀フィッシングエリア 2018年1月8日(月曜日)【その2】

今回は2018年1月8日(月曜日)に栃木県にある『加賀フィッシングエリア』という、ニジマスなどの管理釣り場(釣り堀)にキャンピングカーで行った時の様子をご紹介。

加賀フィッシングエリア

午後の放流は12:44分頃より開始。いつもの1号池担当の放流お兄さんが2号池で放流作業中。「となると1号池は誰が放流するのかな?」

加賀フィッシングエリア

と、思って見ていると、何と2号池の放流を終えたお兄さんが1号池のボートに乗り、1号池の放流を開始。

加賀フィッシングエリア

「う~む、今日はワンオペですか?加賀フィッシングエリアの従業員の方も大変だなぁ~」と思いながら、放流カラーのスプーンをブンブンと投げる私。

加賀フィッシングエリア

しかし午後は放流魚が私の目の前に回って来ず、アタリもありません。

そんなことを言っているうちに放流フィーバータイムも落ち着き、気が付けば午後の放流は1匹と惨敗。午前中の放流でスプーンのカラーローテーションを掴みかけていただけに、何とも不甲斐ない結果となりました。

加賀フィッシングエリア

午前中の段階で60匹だったため、「コリャひょっとしたら100匹いっちゃうかも~」と思っていただけに、非常に厳しい状況に追い込まれてしまいました。

加賀フィッシングエリア

「加賀ニャンは何か食べたのか?」舌なめずりをしながら再登場。

加賀フィッシングエリア

結構『ぷっくり』した猫です。

加賀フィッシングエリア

午後2時頃よりついに雨が降り出しました。予報より少し早い時間帯から降り出してきて、「この後17:00までの3時間は雨の中の釣りになるとツライなぁ~」という感じ。

加賀フィッシングエリア

しかも何だか雨だけではなく、みぞれのような氷の粒も混じっているみたい。

加賀フィッシングエリア

雪になる寸前といった感じですかね。

加賀フィッシングエリア

雨が降っても皆さん普通に釣りしてます。

加賀フィッシングエリア

当然イスもタックルボックスもびしょ濡れに。タックルボックスの蓋は閉めているので問題ありませんが、リールの中に水が入ってしまうのは仕方のないところ。

後でしっかりと乾かしておくしかありません。

加賀フィッシングエリア

結構雨脚が強くなり、水面にもハッキリと雨粒の跡が出るようになりました。

加賀フィッシングエリア

雨が降り出すと少しニジマス君の活性が上がったようで、セニョールトルネード様やペレスプで連続ヒットするようになりました。やはり雨は活性を上げるのでしょうか?

加賀フィッシングエリア

雨がずっと降り続けるかと思いきや、16:00頃には止み間もあり、雨が止んでも活性の高い状態は続き、そこそこコンスタントに釣れ続けます。

加賀フィッシングエリア

という訳で雨が降ったり止んだりの中、17:00までキッチリと釣りをし、本日の釣果は95匹。午後の放流タイムでしっかりとキャッチ数を伸ばせていれば、夢の100匹超えもあり得たかもしれません。

ただ、釣りも『たら・れば』を言い出せばキリがないため、とりあえず今回は100匹の道が少し見えてきたことが、収穫だったいうことにしましょう。

加賀フィッシングエリア

雨模様のお天気のため、17:12分でこの暗さ。

加賀フィッシングエリア

いろいろとありましたが、本日も楽しめました。

キャンピングカー 総走行距離

キャンピングカーの総走行距離は190,777kmに。

キャンピングカー ドライブ

小雨の降る中、帰途につきました。

本日のまとめはコチラ。

2018.1.8(加賀フィッシングエリア)
・車列は5列程(本日は午後より荒天予報のため、少し少なめ)
・グロータイムの反応良し
・午前中の放流はスプーンのカラーローテーションで数を伸ばすことに成功
・午前中の段階で60匹
・セニョールトルネード、スプーン反応良し、クランクもポツポツ
・午後の放流は魚が回って来ず(居場所が掴めず?)、1匹という貧果
・午後の放流後はスプーン、セニョールトルネード、ペレスプで釣れ続ける
・セニョールトルネードのアワセのコツが分かってきた
・午後2時頃より雨が降ったり止んだり(途中みぞれ混じりの雨もあり)
・本日の釣果は95匹
・夢の100匹までの道が少し見えてきた

以上

関連記事

ページ上部へ戻る