やっぱり本物は美味しい&ヨドバシカメラの通販に思うところ

いちごの季節もそろそろ終を迎える頃になり、ジャム用のいちごが安くなっていたので購入したというものの、中途半端に余ってしまったため、いちごジュースにして飲んでみました。

いちごジュース

頭に付いている葉っぱの部分を包丁で切り取り、ミキサーに入れ、牛乳を入れたら準備は完了。いちご自体の味を楽しむため砂糖など他のものは一切入れないで作ることに。

いちごジュース

出来上がったのがこちらで、見るからに『濃い』いちごジュースのような感じで、実際に飲んでみるといちごのツブツブが大量に感じられ、それをパリパリとつぶしながら味わうことができました。

砂糖などの余計な物が入っていないため、いちご本来の酸味と甘みがミックスされ、市販されている『いちご香料』などの入ったいちごジュースもどきなどとは全く違うフレッシュな味がします。

「あ~、本物の味ってやっぱり全然違うよなぁ~」と思いながら美味しく頂きました。

ヨドバシカメラ 通販

で、今回のお題はこのいちごジュースではなく、ヨドバシカメラで買い物をした物について。

最近インターネットをしていると、『日本全国スピードお届け中!配達料金無料』みたいな広告がよく出ています。

ちょっと必要なものがあり、とりあえずヨドバシカメラのサイトを覗くときちんと在庫もあったため、夕方4時近い時間でしたが、インターネットで注文をしました。

それから5時間後の9時位にヨドバシカメラから『商品を発送しました』という内容のメールが・・・。

「えっ、こんな夜遅くに発送ができるの?どうなってるの?」と思ってしまいます。

翌日は会社がお休みだったので家に居ると、本当に午前中のうちに自宅(千葉県)に注文した商品が届きました。

昨日の16時に注文して、届いたのが翌日の午前10時頃ということは、注文してから16時間と一日経っていません。都内であれば注文時間によっては当日配達も可能だということで、「どんだけ配送スピードが早いんだよ」と思ってしまいます。

ヨドバシカメラ 通販

梱包も非常に丁寧かつ厳重で、これなら商品が破損してしまうこともなさそうです。

ヨドバシカメラ 通販

で、何を注文したのかと言えば・・・、『電池』です。

「えっ、ネットで電池を注文?」と思われてしまいそうですが、「ハイ、電池を注文しました」と言ってもひとつは充電用のエボルタ4本と、もうひとつは充電用ではない単一電池を8本買いました。

ちなみにエボルタ4本は全く同じものがヤマダ電機にも売っていましたが、価格はヨドバシカメラの方が安い価格でした。

単一電池も同じでこちらもヤマダ電機よりも安い価格で販売されていて、同時に注文をした次第。

昔は電池などの消耗品をインターネット通販で購入するなど考えもしなかったのですが、価格が安い上に送料無料、家に居ながらアマゾンなどと価格の比較をしながら買えてしまう便利さを味わってしまうと、わざわざ実店舗に行って買い物をする必要性を感じません。

その反面、輸送を請け負う運送会社にはこの配達スピードを維持するために相当な負荷が掛かっていることは容易に想像がつきます。利用者にとっては便利この上ないサービスですが、それに関わる人達の苦労は計り知れないものがあると感じます。

佐川急便がアマゾンの配送事業から撤退したのも、この過剰なスピード感とコストの問題があったとされています。

ヨドバシカメラ 通販

どこまでこのインターネット通販が便利になるのかはまだまだ未知数ですが、各社の価格・スピード・サービスにも限界が見えてきているのではないかと、届いた電池を見て思う私でした。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る