羽田空港国際線ターミナルでお泊り2017年度版『展望デッキから見える美しい旅客機と滑走路に癒される』

今回は2017年9月上旬頃、羽田空港国際線ターミナルビルに宿泊した時の様子をご紹介。

羽田空港国際線ターミナル

時刻はもうすぐ午前0時になろうとしています。『TOKYO TOP TOWN』という展望デッキのあるフロアへ行ってみることにします。

羽田空港国際線ターミナル

この場所にあるエスカレーターも照明が美しく、ゴミひとつ落ちていないフロアと相まって、キラキラと輝いているようにも見えますね。

さすが世界でも有数の優良空港だけあり、隅々まで清掃が行き届いていると感じます。2010年に完成してからそれなりの期間(7年)が経過していますが、未だに新築当時並の美しさと清潔さを保っているのには驚き。

羽田空港国際線ターミナル

照明とデジカメの設定の関係で、実際の見た目に近いのはこちらの方ですが、それでもキレイなことには変わりありません。

羽田空港国際線ターミナル

私はこの美しい羽田空港国際線ターミナルビル内のエスカレーターが好き。何となく非日常感があり、海外へ旅行へ行く前であれば、なおさらワクワクした気分になると思います。

羽田空港国際線ターミナル

『TOKYO TOP TOWN』フロアのエスカレーターを降りてすぐの座席は満席。さらにその奥にある『穴場』とも言える座席スペースも全て埋まっていました。さすがにこの時間帯(午前0時)であれば、良さそうな場所は全て占領されていると思って間違いなさそう。

特にこの場所は奥まった所にある上、袋小路になっているため、人の往来がほぼ皆無のため、非常に静かに過ごせる場所。

ただ、逆に考えれば人目が無いところだけにセキュリティーに関しては不安が残るため、女性の一人利用等は避けた方が良いかもしれません。

もちろん、荷物もしっかり自分の傍に置いておき、盗難などに遭わないよう、気を付けることは当然のこと。

それでも、羽田空港国際線ターミナルビル内には警備員の方や警察官の方がひっきりなしに巡回をしているため、そこいら辺の公園などで寝るよりは遥かに安全で快適だと言えるでしょう。

実際、他の場所のベンチでは、女性の一人旅らしき方が横になって寝ている姿もそれなりに見掛けました。いろいろと言われてはいるようですが、まだまだ日本の治安も捨てたものじゃないと感じるところ。

羽田空港国際線ターミナル

展望デッキに出てみました。

羽田空港国際線ターミナル

私は夜の空港の夜景(景色)が大好き。

大小様々な飛行機が駐機している場所の照明や、滑走路の照明機器の明かりが美しく、見ていると時間を忘れてしまいそう。

羽田空港国際線ターミナル

私達一般人が乗る乗り物としては、間違いなく地球上で一番最先端の技術がふんだんに惜しみなく採用されているのが旅客機だと思います。

その技術と高品質の結晶のような旅客機(飛行機)の機体はとても美しく、無駄な物が一切無い機能美というものを非常に感じます。

羽田空港国際線ターミナル

チョイと暗くて見えづらいですが、そんな飛行機を見ながら寛げるベンチが展望デッキの片隅にありました。

木のベンチのため、寝心地は決して良くありませんが、寝転がると眼前には空、少し横を向くと美しいターミナルの光景が広がっているという非常に贅沢な場所。

羽田空港国際線ターミナル

しばし時を忘れて寝転んでいると、いつの間にか少し寝てしまったようで、肌寒さを感じて目が覚める私。時間にして20分程という短い時間ですが、至福の時となりました。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る