羽田空港国際線ターミナルでお泊り2017年度版『朝焼けの滑走路と旅客機のコラボがキレイ』

今回は2017年9月上旬頃、羽田空港国際線ターミナルビルに宿泊した時の様子をご紹介。

羽田空港国際線ターミナル

時刻は午前3時過ぎ。トイレに起きたついでに各階を散策し、1階ロビーにあるローソンにやってきました。コンビニのため、コチラの営業時間も24時間となっています。

とりあえず喉が渇いたので、コンビニで水を買い、自分の寝床へ戻ることに。

羽田空港国際線ターミナル

ローソンの脇にあるベンチは賑わっていました。しっかり3席分を取って横になれている人は少なく、座った体制のまま寝ていたり、横に置いたバッグに寄り掛かるようにして寝ている女性の姿も。

1~2時間程の仮眠であれば良いかもしれませんが、数時間単位で寝るのであれば費用は掛かりますが、やはりホテルなどでゆっくり寝た方が良いかもしれません。

「そのホテル代がもったいないから・・・」と言われると、「そうですよねぇ~」というより他ありませんが。それならこの1階ロビーより快適な寝床は他にもあるため、羽田空港国際線ターミナルビル内をくまなく散策してみてはいかがでしょうか?

私も何度も羽田空港国際線ターミナルビルにお泊り訪問しているため、いくつかの穴場スポットを把握しており、これもひとつの経験と知識かと・・・。(あまり役には立ちそうにありませんが・・・汗)

羽田空港国際線ターミナル

変わって時刻は午前5時過ぎの羽田空港国際線ターミナルビル出発ロビーの様子。寝床に戻ってあっという間に熟睡し、目覚ましで何とか起きた私。

私も早い電車で羽田空港国際線ターミナルビルを発つため、今日は早起きしてみました。

羽田空港国際線ターミナル

時刻は5時1分。アナログ時計のバックライトもきちんと点灯しています。

羽田空港国際線ターミナル

チェックインカウンターに係の人が居る場所もあり、搭乗手続きが進められている航空会社もある模様。

羽田空港国際線ターミナル

何となく窓の外が明るいような気もします。

羽田空港国際線ターミナル

江戸小路のあるフロアにやってきました。

羽田空港国際線ターミナル

午前5時頃の江戸小路の様子。例の硬い寝心地のベンチで寝ている人が数名。ただ、手前の人は緑色の枕付きマットのような物を体の下に敷いており、「ムムッ!なかなか泊り慣れた猛者のようだな・・・」と、感心する私。

確かに硬い寝心地の場所は敬遠されがちで、真夜中でも空いている場所がそれなりにありました。それを逆手に取り、寝心地を自ら改善し、快適な寝床に変えてしまうとは、「お主なかなかやるな・・・」と思わざるを得ません。

羽田空港国際線ターミナルビル内の空調は一年を通じて非常に快適に保たれているため、掛け布団等が無くても、寝心地さえなんとかなれば、熟睡できてしまうもの。

猛者を見ながら「寝心地の良いベンチが空いていない~」とか言っている私は、まだまだ尻が青いと思い知らされた次第。

羽田空港国際線ターミナル

昨夜訪れた展望デッキにやってきました。少し雲が多い朝ですが、雲の切れ間から覗く朝焼けと滑走路のライトのコラボレーションが非常にキレイ。

私もそろそろ電車に乗って移動をしなければなりませんが、その前にもう一仕事残っています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る