羽田空港国際線ロビーに宿泊してみたら・・・【国際線到着ロビー21:38分頃の様子と100V電源の使用状態を確認】

羽田国際空港で一夜を明かすために来ています。空港で宿泊するということを思いついた訳は、「24時間空港であれば追い出される心配もなく、もしかしたらどこかで一夜を明かすことができる設備があるのかも知れない」という淡い期待と希望を抱いたため。

現実的には宿泊代を浮かせたいという動機から始まってはいるのですが、興味がある事と、実益を兼ねることができるという事が重なり、実行するに至った次第。

CIMG0199

2階の出発ロビーから1階のエントランス部分を見ていると、まだまだ人が続々と羽田国際空港ターミナルビルに入ってきている様子が見えます。

CIMG0202

羽田空港国際線旅客ターミナル2階の到着ロビーには、パソコンを使える場所が2ヵ所あり『インターネットPCのほか、お客さまが持参したノートPCを利用できるPCデスクを各所に用意しました。PCデスクではノートPC用電源と無線LANが利用可能です』ということで、そのPCデスクの隣には100Vのコンセントも設置されていて、外国の方がノートパソコンを100V電源に繋いで使用していました。

CIMG0207

コンセントの形状は日本国内で使用されている一般的なもので、アース線付きのコンセントも使用できるような配慮もされています。しかしここまで至れり尽くせりの設備を無料で24時間利用できるなど、何だか恐縮してしまいますね。

CIMG0210

こちらは、駐車場へ行く連絡通路の入り口がある付近の様子。

CIMG0211

ここにもメインロビーにあった椅子と同じ形状のものが多数置かれています。

CIMG0216

この時間帯は、海外から到着して家路を急ぐ人、これから遅い便の飛行機に搭乗して海外へ向かう人、私のように空港に泊まる人、このような人が入り混じっている時間なのかもしれません。

CIMG0218

国際空港らしく、警察官や警備員の姿も目立ち、空港内の警備体制に抜かりはない様子。

CIMG0226

テロ事件などが頻発する現在、様々な国から訪れる人の中には、良からぬことを考えている人物もいるかも知れず、空港での水際阻止は重要な意味と役割を持っていると思われます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る