羽田空港国際線ロビーに宿泊してみたら・・・【4階はねだ日本橋22:00頃の様子と24時間営業の食事処とロイヤルパークホテル ザ 羽田のフロント】

羽田空港国際線旅客ターミナルのロビーで宿泊するために来ています。午後10時近くになっても到着便と出発便の利用者で羽田空港内は混雑しており、ロビーのベンチも横になって眠れるような状況ではありません。仕方なく羽田空港国際線の建物内を散策しているのですが、思いの他いろいろな施設やお店があり、あまり退屈しません。

CIMG0505

4階にあるはねだ日本橋のモニュメントの上り口付近には、『和カフェテリア Dining 24 羽田食堂』『吉野家』『MOSカフェ 羽田空港国際線ターミナルビル店』が並び、この3点の営業時間は24時間。ですから、羽田空港の国際線ロビーで宿泊する際も食事の心配は必要ないということ。

「ますます羽田空港に泊まるのが便利になるじゃないの」と、空港に泊まるためにあるような施設の多さに驚きます。

CIMG0515

その3店の奥には『TIAT SKY HALL』というホールがあり、「ん、航空会社のラウンジなのか?」と思って調べてみると『24時間運用のターミナルビル4階商業フロアに位置する「TIAT SKY HALL」はもちろん24時間ご利用可能。さまざまなニーズに対応いたします。』とあり、コンサートなどを行なうホールのようで、最大収容人数は246~400名という本格的なホールになっているようです。

空港でコンサートなどが開催されるホールというのは珍しいと思うのですが、有名アーティストなどが空港でライブを行なう場合、地方から飛行機で来てそのまま羽田空港でライブを見てまた帰るということも可能ということか。

まぁ、せっかく東京に飛行機で来るのだから空港以外の場所にも行くのでしょうけど、いろいろな使い方が想定されるホールだと思います。

CIMG0526

窓の外には『国際線』と大きく書かれた看板が光っていました。4階のスカイホールから下を見てみると、なにやらカフェのようなものがあるようで、「ん、あそこにもカフェがあるな、ちょっと見に行ってみるか」ということで、エスカレーターで3階に下りていくことに。

CIMG0533

入り口には『ロイヤルパークホテル ザ 羽田』という表示のされた重厚な感じのする扉(門)のようなものがあり、「しゅ、宿泊はしないのだけど・・・」と思いつつも、どんな感じになっているのか、興味があるため中へ入っていくことにします。

CIMG0544

角を曲がった一角に、レストラン&バーの『TAIL WIND』というお店があり、5:00~25:00まで営業をしているようです。ちなみに、朝食メニューの和洋ブッフェは2,500円とそれなりに高いですが、ランチメニューの日替わりエアラインランチ(20食限定)は1,000円とお手頃な価格。

CIMG0549

ロイヤルパークホテル ザ 羽田の入り口には、旅行かばんをあしらった壁面デザインが施されていて、旅に使うホテルというイメージを全面に押し出しています。

CIMG0559

で、こちらがホテルのフロントの様子で、午後10時も過ぎている時間帯にも関わらず、多くの宿泊客がチェックインをしているようです。ちなみに、宿泊代金は早割りなどを使えば一人あたり7,000円(素泊まり/ツインルームを2人で使用)程から利用できるようで、驚く程高額ではありません。

しかし、羽田国際空港のロビーに宿泊すれば、料金は『タダ(無料)』のため、「ふ~ん、こんな風になっているんだ~」と思いながらフロントの様子を見てそそくさと ロイヤルパークホテル ザ 羽田を後にする私でした。

会社の出張でも格安のホテルにしか宿泊できないのに、プライベートでこのようなホテルに泊まれる訳がありません。それも旅先での滞在に使用するならまだしも、早朝の飛行機に乗るためだけにホテルに宿泊するなど、一般庶民の私には無理。

CIMG0538

「そう言えばここの入り口にあった扉、閉めることはあるのかな?ホテルなので閉めると宿泊客が出入りできないんじゃないの?」という疑問が沸き、多分固定された扉なのでは?

CIMG0568

と思い、扉の開閉部分を確認してみると、きちんと兆番も付いていて、「ん、とりあえず開閉できるような形になっているのね、でもいつ閉めるんだ?」という新たな疑問も・・・。そんなことを考えながら ロイヤルパークホテル ザ 羽田を後にする私でした。

「あ~、でもロビーの椅子で寝るよりホテルの方が快適だよな~(当たり前)」とも思ってしまうところが悲しいところ。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る