羽田空港国際線ロビーに宿泊してみたら・・・【06:30分頃の寒い展望デッキの様子&4階江戸小路が徐々に活気づいてきている様子】

羽田空港国際線旅客ターミナルのロビーに宿泊しようと思って来ています。

羽田空港国際線旅客ターミナル

午前6時を過ぎた5階の展望デッキの様子。まずは外に出た瞬間に感じたことは『寒いっ!』ということ。

羽田空港国際線旅客ターミナルのロビーは一晩中空調が効いていて、全く寒さを感じることなくロビーで宿泊することができたため、久しぶりに出る外の空気がことさら冷たく感じます。もう12月も近い季節の午前6時頃なのですから寒いのは当たり前なのですが、快適過ぎる羽田空港国際線旅客ターミナルのロビーに長時間いたため、外の寒さのことなどすっかり忘れていました。

空が徐々に明るくなってきていて、薄い雲は広がっていますが天気は良さそうです。まだ足元の照明は点灯しているため、やや明るい空とやや暗い床面の照明が微妙に混在していてキレイです。この寒さの中でも数名の方が展望デッキに出て飛行機の写真を撮ったり、飛行機が離着陸する様子を眺めたりしていました。

羽田空港国際線旅客ターミナル

展望デッキの左側はJALの駐機場。

羽田空港国際線旅客ターミナル

展望デッキの右側はANAの駐機場と航空会社によって駐機する場所が決まっているようです。

羽田空港国際線旅客ターミナル

この時間帯は東京国際空港の文字の照明も点灯したままです。

羽田空港国際線旅客ターミナル

展望デッキにあるテーブルを掃除している職員の方がいました。どのような掃除の仕方をしているのかを観察していると、ひとつひとつのテーブルにスプレーで水(消毒液?)のようなものを吹き掛けた後、タオルで丁寧に拭いているようでした。

このような感じで羽田空港国際線旅客ターミナルのロビーをはじめ、外の展望デッキにおいても掃除をしている光景はアチコチで見掛けることができ、このマメな掃除によって羽田空港国際線旅客ターミナルの清潔さは保たれていると納得した次第です。

羽田空港国際線旅客ターミナル

雲の切れ間から太陽が顔を出しました。かなり寒い状態の展望デッキですが、太陽の光が差し込んでくるとほんわりと暖かくなるのを感じ「太陽の力ってスゴイなぁ~」と感じるところ。それでもまだまだ5階の展望デッキは寒く、もう少し本格的に日が照ってきたらもう一度訪れてみることにします。

羽田空港国際線旅客ターミナル

4階の江戸小路に戻ってきました。午前7時も近い時間帯になり、徐々に江戸小路にも人の姿が見られるようになりました。

羽田空港国際線旅客ターミナル

こちらの女性4人組もお土産を買ったり、もしくは食事でもするのでしょうか。ここ4階の江戸小路もいつもの賑やかな光景が戻りつつあるようです。

羽田空港国際線旅客ターミナルのロビーの屋根の部分も明るくなっているのが分かります。もうロビーの椅子で寝ている人は居ないとは思いますが、あと少し羽田国際空港ロビーの宿泊状況のレポートを続けます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る