羽田空港国際線ロビー宿泊記 2015【午前3時頃の3階出発ロビーの様子】

今回は2015年8月末に羽田空港国際線ビルの夜の様子を見に行った時の報告を少し・・・。

羽田空港国際線ロビー 宿泊

時刻は午前3時3分。さすがにこの時間帯になると2階到着ロビーにも人の姿は無くなりました。それに代わって今は床をクリーニングする機械が2台動いています。

このように毎晩床を機械でクリーニングしているおかげで、ピカピカのフロアが保たれているようです。羽田空港国際線ビルはこのような感じで毎日の掃除が行き届いているため、どこへ行っても本当に清潔そのもの。

羽田空港国際線ロビー 宿泊

まだ3時間弱しか寝ていないので眠たいのですが、少し各フロアを散策して様子を見てみたいと思います。

羽田空港国際線ロビー 宿泊

こちらは、2階到着ロビーにあるベンチの様子で、かなりの数の人が寝ています。やはり2014年11月末に訪れた時より明らかに羽田空港国際線ビルのロビーで宿泊している人が多いように感じます。

座ったまま寝ている人や、しっかりと横になって寝ている人などそれぞれのスタイルで寝ている模様。電源コーナーは3名程が利用しているようで、特に混雑している様子はありません。大きな声で話しているような人もなく、遠くで先程の掃除用機械の音がしているだけの静かな2階到着ロビーの様子です。

羽田空港国際線ロビー 宿泊

3階の出発ロビーに来てみました。出発ロビーに行く際にエレベーターに乗ったのですが、一緒になったのは中国人の夫婦の方で、最近日本には中国の方が多く観光に来られているようで、この方達も明日の朝早いフライトで中国に帰るのかもしれません。

3階出発ロビーの照明はやや暗くなっているようですが、4階・5階のフロアには明々と照明が点いていて、この光景は2014年11月末に羽田空港国際線ビルのロビーで宿泊した時と同じ。

羽田空港国際線ロビー 宿泊

時刻は3時5分。この時計のアナログ表示板も確か午前4時までは消灯していると記憶しています。

羽田空港国際線ロビー 宿泊

3階出発ロビーのチェックインカウンター近くのベンチにも多くの人が寝ていました。この場所は各空港のチェックインカウンターにも近いため、早朝に搭乗手続きが開始された時でも素早く並ぶことができるため、人気のエリアなのかもしれません。

こちらも特別騒いでいるような人の姿はなく、皆さん静かに過ごしています。どこからか『いびき』のような音が聞こえるだけの3階出発ロビーの午前3時頃の様子です。

羽田空港国際線ロビー 宿泊

4階のはねだ日本橋の周辺は明るいままです。チェックインカウンターの液晶パネルが点灯しているカウンターもありますが、職員の方の姿はありません。

羽田空港国際線ロビー 宿泊

こちらは、3階出発ロビーの窓際にあるベンチの様子で、雑誌を読んでいる方の姿も見えますが、ほとんどの方が寝ているようです。明日朝の始発便は5時台なので、もう1時間もすれば搭乗手続きが始まる時間となります。

羽田空港国際線ロビー 宿泊

午前0時頃に出発する方が並んでいた場所にも人の姿はありません。

羽田空港国際線ロビー 宿泊

4階へ行くエスカレーターを使ってはねだ日本橋周辺を見てみたいと思います。それにしても夜の空港は本当にキレイ。人の姿がないだけに各フロアの様子が幻想的で、この様子を見るためだけに羽田空港国際線のロビーに宿泊する価値はあると私は勝手に思っています。

羽田空港国際線ロビー 宿泊

4階のモスバーガー・吉野家・和カフェテリア Dining 24 羽田食堂のある場所に来てみましたが、2014年11月末の午前3時頃には人の姿はほとんど無かったのですが、今回は多くの方がいました。

椅子がベンチ形式ではないため、寝ている人は皆無で、それぞれスマホを操作したりパソコンをしたり、本を読んだりしながらそれぞれ過ごしているようです。ここだけは深夜3時だということを忘れてしまいそうな光景が広がっていました。

羽田空港国際線ロビー 宿泊

ただ、近くにあるはねだ日本橋には人の姿はありませんでした。静かな空間が広がっています。

羽田空港国際線ロビー 宿泊

そのはねだ日本橋から3階の出発ロビーの様子を見てみます。人の姿はなく、がらんとしています。屋根とピカピカに磨かれたフロアのコントラストが美しい空港だと思います。

羽田空港国際線ロビーでの宿泊も数時間で朝を迎えるため、新たな寝床を探して彷徨う私。それでもこの静かな光景を独り占めしたいという気持ちもあり、眠気との戦いになってきました。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る