羽田空港国際線ロビー宿泊記 2015【早朝の展望デッキで飛行機見学】

今回は2015年8月末に羽田空港国際線ビルの夜の様子を見に行った時の報告を少し・・・。

羽田空港国際線ロビー

絵馬も十分に堪能させてもらったので、今度は5階の展望デッキから羽田国際空港を発着する飛行機の姿を見ようと思います。この廊下の先に見える自動ドアの向こうが展望デッキとなっています。

羽田空港国際線ロビー

展望デッキに出てみると、雨のため床面が濡れていました。ただ、ザーザー降りの雨ではなく霧雨のような雨のため、傘をささずに展望デッキに出ることができました。曇り空の下、飛行機の姿が見えます。

羽田空港国際線ロビー

ANAの飛行機が駐機していて、「何だかよく見ていると、飛行機ってカワイイ顔をしているよな・・・」と、何だか訳の分からない思考になってくるから不思議。

羽田空港国際線ロビー

着陸した機体なのでしょうか?滑走路の方からターミナルビルの方向へ「ヨイショ、ヨイショ」という感じで移動してきているANAの飛行機の姿も。

羽田空港国際線ロビー

そのまま真っ直ぐに進んでしまえば、前方にあるJALの飛行機に追突してしまうため、手前で曲がります。この時の機体はトーイングカーに牽引されているでもなく、エンジンをかるく吹かした状態で走行しているようでした。

ただ、エンジン音はそれ程うるさくなく、「ジェットエンジンって軽く吹かしただけで機体を前進させるだけの力があるのね」と思ってしまいます。

確かに、あの巨大な機体を空中に浮かび上がらせるだけの揚力を翼に与えるスピードを出せるエンジンパワーがあるので、陸上を微速前進するなど訳のないことなのかもしれません。

羽田空港国際線ロビー

展望デッキにはこんな風にワイヤーが張り巡らされていて、その隙間から写真を撮影することができます。よくある網状のフェンスよりも隙間が大きいため、飛行機の姿をよく見ることができます。

羽田空港国際線ロビー

雨が降っていても荷物を飛行機の格納庫へ収納する作業は変わりなく行われており、このような日は空港職員の方も大変だと思います。

羽田空港国際線ロビー

雨のため、早朝6時台の展望デッキに人の姿はほとんどありません。

羽田空港国際線ロビー

晴れているとこの『Tokyo International Airport』の文字もキレイに見えるのですが、仕方ありません。

羽田空港国際線ロビー

ここの屋根を見ていてふと気が付いたのですが・・・

羽田空港国際線ロビー

この形、飛行機の翼に付いている部品の形に似ていると思いませんか?今まで何度か見てはいたのですが、初めて気が付いたかもしれません。

飛行機マニアの方であればとうの昔に気が付いているとは思いますが、おそらく飛行機の翼をイメージして屋根が造られているようです。

羽田空港国際線ロビー

展望デッキから『E DO HALL』の方へ戻ってきました。時刻は午前6時20分頃ですが、まだベンチで寝ている人がいました。

羽田空港国際線ロビー

今日の到着便の一覧が掲示されています。

羽田空港国際線ロビー

その後少しベンチで私も休憩をして、時刻は午前7時30分を過ぎました。

羽田空港国際線ロビー

出発ロビーのカウンターには大勢の人が並んでおり、徐々に空港が本格的に目覚めつつあるようです。

羽田空港国際線ロビー

4階にある江戸小路のお土産物屋さんも開店していました。しかし今から思えば午前7時頃にお土産物屋さんが開店するなんて、随分早いと思ってしまいました。観光地のお土産物屋さんであれば、早くて午前9時、中には午前10時頃にならなければ開店しないお店もあるため、そういう意味ではお土産物屋さんの従業員の方も大変だと思ってしまいます。

羽田空港国際線ロビー

JALの搭乗手続きカウンターの様子です。最近はプレミアムエコノミーという座席もあるようですね。

羽田空港国際線ロビー

私もそろそろ羽田空港国際線ビルを後にするため、3階にあるモノレール乗り場へ続く通路へ行こうと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る