河口湖へジェットスキーを乗りに行きました【その2】雨の予報80%・・・

足柄サービスエリア、午前5:00頃の様子。車はまだまだ沢山駐車していて、車内で爆睡中の人も多くいる模様。

CIMG4106

「おっ、あっちに見えるのはキャンピングカーのジルじゃないですか」同じ種類のキャンピングカーを見掛けると、なんとなく親近感がわきますね。しかも、私と同じ年代頃のモデルで、違っている点と言えば『アッチのジルの方が数段キレイ』ということ・・・。

我が家のキャンピングカージル、洗車をしたのは何と購入して以来2回しかありません。一番最初は購入して2ヵ月程経過した時に、雨水によるバーコード汚れが気になり、真夏に汗だくになりながら半日掛けてキレイに洗車しました。そしてその1ヵ月後に同じ状況になり、再び半日かけて洗車。で、その1ヵ月後にまたまた同じ状況になり・・・。『潔くあきらめました』いくらキレイにしても、一雨振れば元通り、半日も時間と水を使って洗車する位なら、昼寝でもしてた方がよっぽどマシ、と思い、それ以来洗車はしていません。

あまりに汚い時はその部分だけを濡れタオルなどで拭くだけ。最近は経年劣化でFRPのボディー表面がやや黄色がかってきたため、汚れがあまり目立たなくなってきたため、それすらしていない状態。それでもお出掛け先でキレイなジルを見る度に、「ああ、いいオーナーさんに買ってもらってよかったな」と、他人事ながらに思うものです。

いつも家族を含めてみんなを楽しい旅に連れていってくれ、おまけに最近はジェットスキーの重いトレーラーを頻繁に牽引しているにも関わらず、キレイにしてあげられないのは申し訳ないのですが、なかなか時間とやる気が(これが一番の問題)ありません。それでも、エンジンオイルの交換やATオイルの交換、デフオイルの交換などはマメに行なっているので、自動車としての性能とメンテナンスは維持できているつもりなのですが・・・。

CIMG4114

そんなことを考えながら足柄サービスエリアのトイレに行きました。最近の高速道路のトイレはとても清潔で、建物自体も立て替えたりしていて設備全体がとてもキレイ。しかも日本が誇るトイレ技術の結晶であるウォシュレットも標準装備されるなど、至れり尽くせり。

CIMG4107

水洗もワンプッシュで流れるようになっていて、ホテルのトイレのよう。洗面台に至っては、『冬場にはお湯が出ます』などと表記してあり、高速道路の『おもてなし』もここまで来たかと思う程。これだけの施設が整っているのであれば、サービスエリアで車中泊をする人が増えるのも納得。

寝るだけであれば何もわざわざ高いお金を払ってホテルや旅館に宿泊する必要はなく、これからの宿泊業界は泊まること以外の施設やサービスを充実させていかなければ、高速道路のサービスエリアがライバルになりかねません。

CIMG4117

今回は、伊豆旅行で通り過ぎるだけだった『御殿場 箱根』出口で高速道路を降りることにします。ここから河口湖を目指すのですが、やはり雲が垂れ込め、天気はあまりよろしくないようです。

CIMG4129

そんな中前方にキャンピングカーの姿が見えます。私のジルと同じバンテックというキャンピングカービルダーが製造している『コルドバンクス』というキャブコンタイプのキャンピングカー。私のジルよりも年式は新しく、ベース車両もキャンピングシェル部分もキレイです。

お互いに軽く手を挙げて挨拶を交わし、キャンピングカーでの旅の無事を祈ります。と、書けばカッコいいですが、「オッ、キャンピングカーだ!挨拶、挨拶、でも相手が手を挙げてくれなかったら気まずいなぁ~、ど、ど、どうしよう」と思っている間にスライドしてしまうので、最近は何でもかんでもとりあえず笑顔で(できるだけ)手を挙げるようにしています。

CIMG4159

霧も出ているようなので、ヘッドライトを点灯させての走行になりました。

CIMG4205

で、ようやく到着した河口湖ですが、到着してすぐに雨が降り出し、友人のキャンピングカー(ピックアップキャビンのトラキャン)とサイドオーニングを連結して雨をしのぎます。タープを設営しなくていいのは便利なのですが、サイドオーニングは雨よけではなく太陽の日差しよけに使いたいところです。そんなことをウダウダ言っていても仕方ないので、雨の中ジェットスキーを河口湖の湖面に降ろし、とりあえず乗ることに。

P8140505

そんなことをしているうちに雨が一時的に上がり、どんよりとした曇り空ですが雨が降っていないので快適に湖面を走行することができました。真夏なので太陽が出ていなくても寒さを感じることはなく、湖面に出てジェットスキーに乗るには気持のいい温度。最近雨が多いせいか、六角堂も完全に島に逆戻りをしていて、以前のように徒歩で島まで渡ることはできないようになっていました。

P8140543

ジェットスキーを六角堂の島に停泊させて六角堂をしばし見学。

P8140559

壁の一部が剥がれていたりはしますが、以前とあまり変わりのない様子。

P8140580

再び湖面に出てジェットスキーに乗りますが、今度は雨が結構激しく降り出して、高速航行(時速80km)をすると、目はゴーグルをしているので大丈夫なのですが、額と唇に雨粒がバチバチと当たり、かなり痛い状態に。そんな状態で乗るのも修行じゃないんだから楽しい訳もなく、とりあえず一旦岸に上がります。

その後も雨は降り続き、16:00頃まで強くなったり弱くなったりして止むことはありませんでした。17:00にはジェットスキーを上げなければならないため、時間が迫りますが、雨の止み間にもう一度河口湖の湖面を疾走したいもの。スマホでヤフーの雲の動きをリアルタイムで見ることができるサイトを見ていると「オッ、16:20分になると雲が切れて雨が止むな」ということが分かり、本当かどうかにわかに信じがたいことですが、後20分程待つことにしました。

夏休み中ということもあり、他にも沢山の方がジェットスキーを湖面に降ろしていましたが、この雨でみんな上げてしまい、私と仲間の二人だけが天気の回復をしつこく待っていました。待つこと15分、雨がだんだん弱くなってきて、本当に16:20分になると雨が止んでしまいました。「この雨雲予想スゲ~」と仲間と言いながら、喜んで河口湖の湖面にジェットスキーで出て行きました。

P8140514

先ほど来の雨のせいか、他のジェットスキーはみんな上げてしまったようで、湖面にジェットスキーの姿はありません。まさに『貸切』状態。これは雨の中待ち続けたご褒美だと思い、波のない湖面を全速力で駆け抜け、思う存分河口湖でのジェットスキーを堪能しました。全開走行を繰り返し、最後はガソリンがあと少しという警告音が鳴り、それでもまだ少しは走るため、ギリギリまで河口湖の湖面を疾走。今日は一日ぐずついた天気でしたが、最後の最後で思いきり楽しむことができ、とりあえずは満足しました。

CIMG4211

ジェットスキーを上げた後にまたまた雨が降り出しましたが、後は帰るだけなので、片づけをして山中湖の温泉に入り、高速道路に乗りました。今日も早朝から目一杯遊んだのと、足柄サービスエリアでお弁当を買ってキャンピングカー内でビールを飲みながらゆっくりしていたら、昼間の疲れからあっという間に夢の中へ・・・。

CIMG4226

目が覚めたのは朝の5:00、仲間はまだ爆睡しているようで、ここは起こさずにそっとパーキングを後にしました。後で聞いたら、午前8:00頃まで足柄サービスエリアで寝ていたそうです。

CIMG4278

悔しいことに写真の通り天気は晴れ模様。アクアラインの千葉方面入り口付近が渋滞していますが、この頃にはすっかり天気も回復し、日差しが眩しい程。

CIMG4307

「あ~この天気が一日ずれていてくれればな~」と思ってしまいますが、こればかりは仕方ありませんね。

CIMG4342

CIMG4352

帰ってからも、何となく悔しい気持が残るため、近所の定食屋さんの『かま屋』へ昼食を食べに行き、美味しいトンカツ定食をお腹一杯食べ、家に帰って昼寝をしました。次回こそはお天気のいい日に河口湖のジェットスキーリベンジを果たしたいものです。

関連記事

ページ上部へ戻る