霞ヶ浦の湖畔で焚き火&ビールで至福のひと時を・・・

今回は2017年9月中旬過ぎに霞ケ浦大山スロープゲレンデへ、キャンピングカーでジェットスキーを牽引して遊びに行った時の様子をご紹介。

本日は終日風と波の強いゲレンデコンディションで、十分にジェットスキーに乗ることができませんでした。ということで、明日も違う仲間がここ霞ヶ浦へジェットスキーを乗りに来るとのことなので、急遽霞ヶ浦にお泊りすることに。

霞ヶ浦 焚き火

時刻は午後6時過ぎ。最近はすっかり日が暮れるのが早くなり、この時間帯には暗くなってしまいます。月が明るくなるにつれ、夜が徐々に訪れます。

霞ヶ浦 焚き火

本日の月は三日月。デジカメの望遠機能を限界まで使い、こんな感じの写真が撮れました。もちろんデジタル一眼レフであれば、もっとキレイなお月様が撮影できるのでしょうけど、今の私の機材ではこれが精一杯。

霞ヶ浦 焚き火

今夜は月を見ながら一杯ということで、ウインナーをボイルし、ビールで月に乾杯。テーブルは持ってきていないため、工具箱が今夜のアウトドアテーブル。コレはコレでワイルドでよろしいかと・・・。

霞ヶ浦 焚き火

目の保養は月だけではありません。今夜も二夜連続での焚き火の登場となりました。昼間に不具合のあった『ステー』部分を修正したため、今夜はきちんと機能している模様。

霞ヶ浦 焚き火

今夜も明滅する炎を静かに見つめながら、一人の晩酌は続きます。いろいろなことが頭の中でも炎と同様に明滅していくような感覚を覚えますが、やがてそれも炎の美しさとお酒の力により、至福のまどろみへ深く沈んでいくよう。

霞ヶ浦 焚き火

最後は「やはり焚き火は最高だ・・・」というシンプル極まりない思考回路がループ。何も考えずに焚き火をじっと見つめるという至福のひと時が静かに通り過ぎていきます。

今夜は雨も降っていないため、サイドオーニングも無し。本当の露天での焚き火となり、気分も精神も開放されるよう。

霞ヶ浦 キャンピングカー

焚き火とお酒、月明りを存分に堪能し、キャンピングカーに帰宅(と言っても徒歩1秒ですが・・・)。キャンピングカー内は散らかっています。

霞ヶ浦 キャンピングカー

薪の予備やガスコンロ、食べようと思ってやめたペヤング焼きそばなど、かなりの散らかりよう。

霞ヶ浦 キャンピングカー

それらをチョイチョイと脇に片付け、とりあえず一人分の寝床を確保し、少し早めに就寝。

霞ヶ浦 キャンピングカー

翌朝は午前7時前に起床。既に仲間が何人か霞ヶ浦へ来ており、すでに店を広げている仲間も・・・。

霞ヶ浦 キャンピングカー

雲は多めですが、雨は降っていません。今日はこの後お天気は回復するとのことなので、快適にジェットスキーに乗れそうです。

久しぶりに会う仲間も来ており、一緒にジェットスキーに乗るのが楽しみです。

霞ヶ浦 ジェットスキー

本日は午前8:50分という早い時間に霞ヶ浦の湖面に浮かびました。

霞ヶ浦 ジェットスキー

仲間も次々と湖面に乗り出し、これからとある場所へ一緒に向かいます。

関連記事

ページ上部へ戻る