北総マリンゲレンデへジェットスキーを乗りに【2019年4月20日(土曜日)】レトロジェットスキーが集合

今回は2019年4月20日(土曜日)に北総マリンゲレンデへジェットスキーを乗りに行った時の様子をご紹介。

キャンピングカー 総走行距離数

キャンピングカーの総走行距離数は207,378kmに。先日タイミングベルト等を交換し、10万円程の費用を掛けて整備をしたため、まだまだ現役で頑張ってもらわなければなりません。

キャンピングカー ナイトドライブ

いつものようにナイトドライブで北総マリンゲレンデへ向かいます。

キャンピングカー

早朝に北総マリンゲレンデへ到着しましたが、冷たい風が強く吹いており、かなり寒い状態。とりあえずまだ早い時間帯のため、キャンピングカーの中で羽毛布団に包まって寝ることに。

キャンピングカー ジェットスキー

午前9時頃にゴソゴソと起き出すと、既に仲間が到着しており、お天気も良く風も少し弱まりつつありました。少し風の冷たさはありますが、まずまずのジェットスキー日和です。

ジェットスキー

懐かしいジェットスキーを手に入れた仲間がいます。カワサキのスタンドアップジェットスキーの750SXです。私がジェットスキーを始めた時に購入した型と全く同じで、懐かしいの一言。

ジェットスキー

エンジンルームはそこそこキレイで、20年以上前のジェットスキーとは思えない程。

アウトドアチェア 修理

それでは早速800X-2に乗る・・・のではなく、本日はこのアウトドアチェアの修理をしてから。

アウトドアチェア 修理

このアウトドアチェアも20年近く使用している年代物で、パイプの部分に亀裂が入り、この部分を補強してもう少し使おうということに。

アウトドアチェア 修理

家に転がっていたステンレスのステーをあてがい、補強する作戦。

アウトドアチェア 修理

穴をあけるために黒マジックで印を付けた場所に『ポンチ』で凹みを作ります。

アウトドアチェア 修理

もうひとつの小さな椅子に座っての作業となりました。

アウトドアチェア 修理

まずは3ミリ程の下穴をあけ。

アウトドアチェア 修理

続いて6ミリのドリルで本穴をあけました。

アウトドアチェア 修理

ステーにボルトを入れ、仮固定してみます。

アウトドアチェア 修理

全体的にはこんな感じ。

アウトドアチェア 修理

裏側からもステーとナットを使い、ガッチリと固定。パイプの肉厚やサイズを考えるとステーもボルトもオーバースペック気味ではありますが、廃材利用ということで・・・。

コレでまた10年程使えると良いですが、布地部分が破損すれば廃棄ですかね。

CIMG3199

良いお天気です。

CIMG3204

遥か上空を旅客機が飛んでいます。

キャンピングカー 塗装

それではそろそろ800X-2を利根川の水面に降ろして乗るのかと思いきや、今度はキャンピングカーのメインバッテリーのケースに発生した錆を落とそうかと。

キャンピングカー 塗装

金ブラシで表面をゴシゴシ。

キャンピングカー 塗装

錆で浮いている表層を落とし、準備は完了。

キャンピングカー 塗装

黒いスプレー(艶消し)を準備。

キャンピングカー メインバッテリー

あ、ついでに先日交換したメインバッテリーの交換日時をテプラで作成したので、それをバッテリーにペタリ。

キャンピングカー 塗装

軽く塗ってみました。

キャンピングカー 塗装

さらに塗装を進めて、こんな感じで完了。このキャンピングカーも新車から18年が経過し、アチコチに錆が発生しているようだけど、もう少し頑張ってもらわなければなりません。

北総マリンゲレンデ ジェットスキー

カワサキ750SXのエンジンがようやく掛かるようになり、オーナーはシングルジェットスキー初心者のため、ベテランの仲間が最初に乗ることに。

北総マリンゲレンデ ジェットスキー

そんなことをしている間に私はようやく800X-2を利根川に降ろしました。

北総マリンゲレンデ ジェットスキー

旧650X-2、550SX、800X-2と、レトロなジェットスキーが大集合し、懐かしいジェットスキーミュージアムのような感じに。

こんな感じで今日も楽しくジェットスキーに乗ることができ、良い1日となりました。

関連記事

ページ上部へ戻る