キャンピングカーでジェットスキーを乗りに霞ケ浦へ『北総マリンゲレンデの様子も確認』

今回は2019年12月1日(日曜日)に霞ヶ浦大山スロープゲレンデへジェットスキーを乗りに行った様子をご紹介。

いつの間にか気が付けば師走の12月。歳を重ねるたびに年々月日が過ぎるのが早いと感じるのは私だけではなく、妻も同じみたい。

キャンピングカー 総走行距離

2019年も残り1ヵ月程となった寒い夜中、いつものようにキャンピングカーでナイトドライブを敢行。キャンピングカーの総走行距離はこの時点で217,488km。

キャンピングカー ドライブ

今朝は雲の多い空模様。12月ということもあり、かなり寒い朝に。

キャンピングカー ドライブ

あ、前日は加賀フィッシングエリアに釣りに行っており、ダブルヘッダーでの遊びとなりました。いつも遊びに行かせてくれる妻には感謝しかありませんね。

キャンピングカー ドライブ

何となく荒涼とした雰囲気の中、キャンピングカーでのドライブが続きます。青空であれば清々しい感じのする真っ直ぐな道も、お天気と時間が違えばこんなに雰囲気が異なるものなのかと思ってしまうような写真。

北総マリンゲレンデ

霞ヶ浦大山スロープゲレンデへ行く前に、利根川にある北総マリンゲレンデのチェックをしてみます。10月の台風による増水で、ゲレンデも大きな被害を受けた模様で、果たしてジェットスキーを降ろして乗れる状態なのか、確認したく。

北総マリンゲレンデ

北総マリンゲレンデに到着しました。ドック上の泥は除去されているようですが、周辺には泥のようなものがまだまだ大量にある様子。

北総マリンゲレンデ

ジェットスキーを降ろしていた側のスロープも、入り口付近の泥は撤去されているようですが、水際付近から泥が堆積しており、私のキャンピングカーをバックさせてジェットスキーを降ろすのは難しそう。

さらに大きな木が点々と流れ着いてきており、その木を避けながら川の中央付近に出る必要があります。木々の周辺の水深も不明のため、チョッと怖くてジェットスキーを出す気にはなれません。

ただ、川の中央付近にブイは打ってくれているため、その辺りまで行けばそれなりに乗れそうな感じ。それでも手前の障害物を見るにつけ、しばらくは乗らない方がいいと私は判断しました。

北総マリンゲレンデ

それでもバスボートは一杯来ています。

北総マリンゲレンデ

バスボートを降ろす側のスロープは、ジェットスキーを降ろす側のスロープより整備が進んでおり、バスボートを降ろすには問題なさそう。

それでも、出艇していくバスボートを見ていると、こちらも流れてきた大木が沈んでいるのを避けながら出ていっている模様。

北総マリンゲレンデ

再びジェットスキーを降ろす側に目を転じると、岸付近には大量の泥が堆積しており、スロープ上はキレイに出来ても、川の中までキレイにするにはまだまだ時間が掛かりそうな感じがします。

北総マリンゲレンデ

ジェットスキースキー用のポンツーンの姿は無く、バスボート用の桟橋があるだけ。桟橋周辺にも流木がアチコチ顔を出し、増水の凄まじいパワーを感じずにはいられません。

霞ヶ浦大山スロープゲレンデ

「ここではまだジェットスキーに乗れないな・・・」ということで、霞ヶ浦大山スロープゲレンデへ移動。

霞ヶ浦大山スロープゲレンデ

こちらは湖なので、当然のことながら泥などは無く、穏やかな水面が広がっています。真冬のこの頃は北風さえ吹かなければ穏やかに1日を過ごせる可能性が高いため、真冬は霞ヶ浦大山スロープゲレンデでも良いかもしれません。

ただ、夏場は高確率で強風が吹き、水面が大荒れになるため、やはり夏場は北総マリンゲレンデのような利根川の方が、風が吹いても波が立たず有利なことは確か。

霞ヶ浦大山スロープゲレンデ

早朝の時間帯は遠くにジェットスキー乗りの方の車が2台停まっているだけ。

霞ヶ浦大山スロープゲレンデ

安定しているとは言え、いつ何時風が吹いてくるか分からないため、サクッと1500SXRを霞ケ浦の湖面に降ろします。

霞ヶ浦大山スロープゲレンデ

相変わらず空には洗濯板のような雲が立ち込め、微妙なお天気。ただ、隙間から青空も見えるため、お天気が回復してくるかもしれません。

霞ヶ浦大山スロープゲレンデ

本日は茨城県の自衛隊百里基地で航空祭が開催されており、時々轟音と共に戦闘機のような飛行機が遠くの空を飛んでいました。

霞ヶ浦大山スロープゲレンデ

微妙なお天気のため、水に浸かるとやはり寒い!そこで仲間はジェットヒーター、私はカセットガスファンヒーター風暖を身体の前に置き、暖を取りつつ談笑。

霞ヶ浦大山スロープゲレンデ

火力は灯油を燃料としたジェットヒーターの方が数段上で、少し離れていてもかなりの暖かさ。

霞ヶ浦大山スロープゲレンデ

ナカトミのスポットヒーター KH5-30@という製品みたい。一瞬キャンピングカーの中で使えるかと考え、私のキャンピングカーに装備されているインバーター(300W)に繋いだところ問題無く起動し、使えることが判明。

霞ヶ浦大山スロープゲレンデ

ただ、後から冷静に考えると、キャンピングカーの狭い車内で使うには火力が大き過ぎ、速攻で熱々になってしまいそうなのと、換気を十分にしなければ酸欠になってしまいそう。

ということで、屋外で使用するには最高ですが、キャンピングカー内ではカセットガスヒーター風暖で十分なのではないかと思い直した私でした。

いいんですけどね・・・。また物欲が爆発してしまいそうでした・・・。

霞ヶ浦大山スロープゲレンデ

前回バッテリーがダメになっていた仲間の550SXも新しいバッテリーに交換し、無事にエンジンも掛かり今日は調子良く乗れていました。

私の1500SXRと550SXが仲良く浮かんでいます。どちらのジェットスキーもそれぞれ違う意味で面白いジェットスキーです。

霞ヶ浦大山スロープゲレンデ

遠くの沖でバスボートが疾走している様子が見え、かなり遠くからでも後方に上がる水しぶきが確認できました。冬になってもバス釣りが好きな人は湖面に出てブラックバスを追い求めているようです。

ブラックバス釣りもジェットスキーもハイシーズンは6月頃~10月末頃ですが、本当に好きな人はそれ以外の季節でも行ってしまうというところが、趣味人の面白いところ。

キャンピングカー 総走行距離

もうすぐこのキャンピングカーの総走行距離も22万キロを超えそうな勢いです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る