キャンピングカーで河口湖へジェットスキーを乗りに【その3】最高の天気の中でジェットスキー

2015年7月の3連休を利用して、キャンピングカーでジェットスキーを牽引して河口湖に来ています。

河口湖 ジェットスキー

昨日はゲレンデの思わぬ閉鎖と悪天候によりジェットスキーに乗ることはできませんでしたが、連休2日目(2015年7月19日)は非常にいいお天気。朝から日差しがたっぷりで暑くなりそうです。

河口湖 ジェットスキー

のんびりと準備をしていたら、河口湖の湖面はこんな感じで大賑わい。

河口湖 ジェットスキー

約2年ぶりにお天気の良い河口湖でジェットスキーに乗ることができました。

河口湖 ジェットスキー

河口湖大橋の下から見た富士山の様子です。

河口湖 ジェットスキー

対岸にある観光施設でお土産に『山梨の桃』を購入しました。その観光施設で売っていたラベンダーソフトクリームも食べましたが、これが絶品。今まで色々な観光施設でソフトクリームを食べてきましたが、ここのラベンダーソフトクリームは最高。

食べるとラベンダーの香りとクリームの香りが濃厚に口の中に広がり、「ん!このソフトクリーム美味しい~」と、ウエットスーツ姿という少し違和感のあるおやじ二人で堪能しました。

河口湖 ジェットスキー

富士山以外の山の新緑もキレイで、やはり河口湖は癒されます。

霞ヶ浦でジェットスキーに乗る時は長くても30分程湖面に出ていれば十分なのですが、河口湖では1時間程湖面に出ていても飽きることがありません。

風がやや強く吹いているため不規則な波が立っている場所もありますが、それ程高い波でもないため、全開走行の距離が長くなり、みるみるうちにジェットスキーのガソリンが減っていきます。

河口湖 ジェットスキー

お昼過ぎに一旦上がり、昼食にしました。しかし昼食を食べた後は昨日からの疲れもあってか、おやじ二人で椅子に座ったまま昼寝をしてしまいました。

日差しは強いですが、キャンピングカーのサイドオーニングの下では風が通り、非常に快適。3時過ぎまで寝てしまいました。

河口湖 ジェットスキー

その後ジェットスキーのガソリンが無くなるまで河口湖の湖面を駆け抜け、昨年の雨の河口湖のリベンジも済ませることができ、非常に満足しました。

キャンピングカー

ジェットスキーを河口湖から引き上げ、キャンピングカーで牽引していきますが、さすが三連休。中央道や東名高速道路の上り線が渋滞しているとの表示が出ています。

私も御殿場インターチェンジまでの渋滞にハマり、かなり時間をかけて御殿場インターチェンジに到着しました。いつものように御殿場インターチェンジからすぐの足柄サービスエリアで寝ることにしますが、駐車場がかなり混雑しています。

人も多いため、キャンピングカー内で残ったパンなどを食べ、トイレも済ませ、歯も磨いて寝ることにしました。

キャンピングカー

翌朝起きたのが午前4時過ぎ。この時間帯であれば上り線の渋滞も当然解消されているため、早朝の東名高速道路を順調に走行していきます。

キャンピングカー

首都圏の高速道路に入ります。

キャンピングカー 横浜ベイブリッジ

今回は横浜ベイブリッジの姿もキレイに撮影できました。

キャンピングカー アクアライン

アクアラインに入ります。

キャンピングカー アクアライン

今回は河口湖への行きに寄ることができなかった『海ほたるパーキングエリア』で休憩をすることに。

キャンピングカー アクアライン

朝の早い時間帯のため、あまり混雑はしていません。

キャンピングカー アクアライン

海ほたる内にあるファミリーマートで買い物をしました。海ほたる内にはこのような感じで海を見ながらくつろげるスペースがあり、お天気のいい日であれば景色も良く最高の眺めの中、コーヒーなどをゆっくりと飲めます。

キャンピングカー アクアライン

ファミリーマートで購入したのは、いつものアイスカフェラテ、サンドイッチ、アイスクリームの白くま、の3点。

キャンピングカー アクアライン

食べてノンビリしていると何だか眠くなってしまい、キャンピングカーの中で横になりました。

キャンピングカー アクアライン

目が覚めると時間は午前9時。2時間程キャンピングカーの中で寝ていたことになります。外を見ると観光バスが沢山駐車していて、海ほたるの施設内にも大勢の人の姿が見えます。

キャンピングカー

「んじゃそろそろ帰るかぁ~」ということで、途中ガソリンスタンドに寄って軽油を満タンに給油して帰りました。

ガソリン 貨物列車

「あ、ガソリンを満載した貨物列車だ~、あれ1両あれば相当ジェットスキーに乗れるよね~」と思いつつ信号待ちをする私。

まだまだ夏は始まったばかりなので、河口湖にはもう何回かは来てみたいものです。

関連記事

ページ上部へ戻る