キャンピングカーでジェットスキーを牽引して霞ヶ浦へ『リボーディングステップの取り外し』

2016年のお盆休みはキャンピングカーでジェットスキーを牽引して、河口湖⇒霞ヶ浦へのダブルヘッダーで満喫しています。

霞ヶ浦 ジェットスキー

さて、そんな二日目の霞ヶ浦ですが、前日に河口湖で変形させてしまったリボーディングステップを何とかしなければなりません。このままでも作動に問題はなく、取り付けておいてもいいのですが、何となく気持ちが悪いもので、結論から言えば取り外してしまうことにしました。

霞ヶ浦 ジェットスキー

変形した部分を拡大するとこんな感じ。本当にこれ以外の場所が傷付くことが無かったのが不幸中のさいわい。バンパーの役目を果たしてくれたと感謝しなければいけません。

しかしバンパーの役目でもあるリボーディングステップを外してしまえばハルを守るものが無いため、前日のような失敗は二度と許されません。失敗の経験を踏まえ、ジェットスキーを湖面に降ろす際には今まで以上に慎重に行おうと思います。

霞ヶ浦 ジェットスキー

お隣では仲間の550SXがブンブンとエンジンを始動中。半年ぶり位にエンジンを掛けるみたいで、バッテリーは新調しているのですが、混合ガソリンは半年前のもの。ちょいと不安は残りますが、あっけなくエンジンは始動。

なかなか調子の良い550SXのようです。

霞ヶ浦 ジェットスキー

そんな中、リボーディングステップの取り外しを敢行。ボルト4本で留まっているだけなので、それを外せば完了というお手軽さ。

霞ヶ浦 ジェットスキー

10分程でリボーディングステップは外れ、リアビューがスッキリした感じになりました。そう言えば昔乗っていたSTX-15Fも購入してすぐにリボーディングステップは取り外し、その後7年程乗っていました。

霞ヶ浦 ジェットスキー

これが取り外したリボーディングステップ。重量が2~3kgある感じで、ジェットスキーの軽量化に少しは貢献したかも知れません。パワーウェイトレシオに与える影響は微々たるものかもしれませんが、スッキリしたという気持ちの問題の方が大きいものだと思いますね。

霞ヶ浦 ジェットスキー

そんな訳で、のんびりゆっくりとジェットスキーを湖面に降ろす準備をしていたので、霞ヶ浦の湖面にプカリと浮かんだのは午前11時頃。まぁ、昨日も河口湖でさんざん乗っていたので、それ程慌てることはありません。

ハイオクガソリンを昨日はほぼ使ってしまったため、途中のガソリンスタンドで給油をしました。その際「ハイオク満タンで~」とお願いして給油をしてもらったのですが、70Lを超えても給油が続くため、ガソリンスタンドの店員さんが「何リッター位入るんですか?」と聞いてきたので、「80L程入ります」と答えるとビックリしていました。

そう言えば最近の車は燃費が良いため、50L前後のガソリンタンクが主流のよう。そんな中、70Lを超えるような給油量がある乗り物も珍しいのかもしれません。

結局70Lチョイのハイオクガソリンを給油して、1万円近くの支払いとなりました。燃費のことを気にしてしてはジェットスキーになど乗れませんが、まぁ、ガソリン食い虫であることには違いありませんね。

霞ヶ浦 ジェットスキー

午前11時頃のゲレンデの様子。かなりの密集具合で、トップシーズンを感じさせる光景となっています。

のんびりしているうちに風が強くなり、ゲレンデコンディションが悪くなってきました。波が大きくなり、走りづらい水面に・・・。

霞ヶ浦 ジェットスキー

こんな時には川に限ります。少し時間を掛けてゆっくりと川方面にジェットスキーを進めていくと、ハイシーズンだけあってか、川の方面からジェットスキーが数艇走ってきているのが見えました。

私も入れ替わりで川に入り、ウルトラ310Rの加速とトップスピードを存分に堪能しました。昨日の河口湖では標高が高いせいか、地上よりエンジンパワーが出ず、フルパワーの85%程のスピードと加速になっていました。

「標高が高くて空気が薄いとこんな感じなんだ~」と、毎回河口湖に行くと空気の薄さをそんなところで感じます。それでも標高が高いため、真夏でも爽やかな風が吹き、高原リゾート気分満点の河口湖はやはりハイシーズンには訪れておきたいもの。

霞ヶ浦 ジェットスキー

さらに波が出てきたことと、昨日十分にウルトラ310Rには乗っているため、早めに今日はジェットスキーをトレーラーに載せました。

霞ヶ浦 ジェットスキー

またキャンピングカー内でノンビリ昼寝(夕寝?)していたら夜に・・・。

ガソリン価格

いつものエッソのガソリンスタンドのガソリン価格はこんな感じ。

レギュラー・・・108円/L
ハイオク・・・・119円/L
軽油・・・・・・82円/L

という感じで、お盆休みだということで価格が上昇している様子はありません。この位の水準でいいので、この価格帯を維持して欲しいものです。

100系ハイエース

あ、コレは昼間に見た100系ハイエースの姿で、ルーフラックに家庭用エアコンの室外機を載せていました。それも端っこの方に・・・。

走行安定性に多大な影響があると思うのですが、問題は無いのでしょうか?気になるところではありますが、キャンピングカーではないようです。お仕事車のようですから、仕事上で何か必要なのかも知れません。

それにしても興味をそそる車でした・・・。

関連記事

ページ上部へ戻る