キャンピングカーでジェットスキーを牽引して霞ヶ浦へ『2016年乗り納め』【その3】

今回は、2016年12月30日にキャンピングカーで、霞ヶ浦大山スロープゲレンデへ2016年ジェットスキーの乗り納めに行った時の様子をご紹介。

霞ヶ浦 ジェットスキー

のんびりと霞ヶ浦大山スロープゲレンデへ到着し、のんびりとジェットスキーの準備をしたため、ジェットスキーを湖面に浮かべたのは結構いい時間になっていました。

霞ヶ浦 ジェットスキー

時刻は午前11:07分。少し風が吹いていますが、それ程大きな波が立つような風ではありません。

霞ヶ浦 ジェットスキー

今日の霞ヶ浦大山スロープゲレンデの湖畔はこんな感じ。私たちの他には2組のジェットスキーヤーの方々が乗り納めなのでしょうか?真冬のゲレンデに来ていました。

霞ヶ浦 ジェットスキー

反対側である旧ソウビマリン跡のゲレンデにはジェットスキーヤーの姿はおろか、ブラックバスを釣る人達のバスボートを載せているトレーラーの姿もありません。

霞ヶ浦 ジェットスキー

水も冷たく空気も冷たく、ジェットスキーで加速すれば頬に当たる風も痺れるくらいに冷たい真冬のジェットスキーですが、快晴の下、誰も居ない霞ヶ浦の湖面を駆け抜けるのは何度体験しても気持ちがいいもの。

20年以上同じことを繰り返しているので、飽きてしまいそうな気もするのですが、全然そのようなことは無く、何度体験しても飽きることはありません。

そこがこのジェットスキーというか、自然の中で遊ぶ趣味の面白いところ。一日として同じコンディションの日はなく、様々な表情を見せる自然と戯れるのは本当に楽しいと思う瞬間。

霞ヶ浦 ジェットスキー

岸に帰ると、やや低く設置した簡易テントの中からオヤジ二人がこちらを覗き見しているようで、何だかちょっと怪しい感じ・・・。

ちなみにこのテント、普通のレジャー用テントのポールを短くして設置し、周囲を自動車用のカバーで簡単に覆っているだけ。ちょいと貧乏くさい仕様ではありますが、風が入らなければ快適なハズ。

右側面にキャンピングカーを風除けとして停め、極力簡易テント内に風が入らないような配慮もしてあります。

霞ヶ浦 ジェットスキー

簡易テント内から見たゲレンデの様子。

霞ヶ浦 ジェットスキー

フリースタイラーの方が宙を舞っていました。全身が水に浸かるフリースタイルは非常に冷たいと思いますが、「運動量が多いため、逆にクールダウンになっていいのかも」などと思う私。

霞ヶ浦 ジェットスキー

簡易テントの中ではお湯を沸かしてコーヒーの準備中。

霞ヶ浦 ジェットスキー

だるまストーブもやかんでお湯を沸かしています。

霞ヶ浦 ジェットスキー

簡易テントの中で暖をとり、体を温めてから再びジェットスキーに乗ります。

霞ヶ浦 ジェットスキー

遠くに見える筑波山の山並みがキレイ。真冬なので空気が澄んでいるため、遠方の景色もクリアに見えますね。

霞ヶ浦 ジェットスキー

こちらは霞ヶ浦大山スロープゲレンデに設置されている、『風速・水温・気温』を観測する無人観測所。時々壊れて過去のデータを載せていますが、通常は24時間1時間おきにデータは更新されています。

2017年もこの無人観測所のお世話になることもあると思いますので、管理している『国立環境研究所-霞ヶ浦臨湖実験施設気象等情報提供』の管理者の方は、メンテナンス作業をよろしくお願いいたします。

霞ヶ浦 ジェットスキー

再び簡易テントの中では今度は貰ったソーセージを食べることに。

霞ヶ浦 ジェットスキー

だるまストーブの上に鍋をかけ、軽くボイル&保温をしておきます。何だかコンビニのおでんのようになり、誰からともなく「指でつついちゃダメよ・・・」などという会話が飛び交います。

霞ヶ浦 ジェットスキー

だるまストーブの脇に設置されているジェットヒーターからも強烈な温風が吹き込み、簡易テントの中は暑い位になっています。寒風吹きすさぶ霞ヶ浦大山スロープゲレンデの一角で、ぬくぬくと談笑できるなんて、良い時代になったものです(笑)。

ソーセージはパンに挟んで美味しくいただき、食後にもう一杯コーヒーを飲み、贅沢な時間を過ごしました。

霞ヶ浦 ジェットスキー

それでも真冬のため、今日は早めにジェットスキーをトレーラーの上に載せました。

霞ヶ浦 ジェットスキー

時間があるため、今度は仲間のインプレッサのチューニングカーに乗せてもらいました。本当は運転しようかと思ったのですが、ちょいと怖いため、仲間の隣に乗せてもらい、周辺をドライブしました。

感想・・・

かなりの加速感でコーナーリングもタイトで気持ちいい感じ。車が非常にコンパクトに感じ、実物大のラジコンカーを操っているような錯覚に陥ります。ジェットスキーもいいけど、スポーツカーも面白いと思ってしまいました。

霞ヶ浦 ジェットスキー

それでも2台も車を持つ訳にはいかず、175,888kmを走行したキャンピングカーで帰路につく私。

霞ヶ浦 ジェットスキー

「2017年のジェットスキー初乗りはいつかなぁ~」と思いながら、暮れゆく年末の道をジェットスキーを牽引したキャンピングカーでドライブして帰りました。

関連記事

ページ上部へ戻る