キャンピングカーのユーザー車検に行きました【その02】

今回は、私の所有するキャンピングカーのユーザー車検を実施した時の様子をご紹介。

キャンピングカー ユーザー車検

少し早い午前8時頃、『千葉県袖ケ浦自動車検査登録事務所』と看板が掲げられている、いわゆる『車検場』に到着。事務所が開くのは午前8:45からのため、まだ時間的には余裕があります。

キャンピングカー ユーザー車検

まだ駐車場には車の姿は殆ど無く、閑散とした状態。

キャンピングカー ユーザー車検

ただ、時間的には余裕があると言いましたが、車検前に準備をしなければならないことが沢山あり、ノンビリしている訳にはいきません。

キャンピングカー ユーザー車検

まずはキャンピングカーに搭載されている物をできるだけ車外に降ろし、車の重量を1gでも軽くする必要があります。前回の車検において、検査台に載せられた車の重量が軽ければ軽い程、ブレーキ検査の合格率が高いことを知り、重量を軽くし、ブレーキ検査の一発合格を目指します。

車検場のブレーキ検査においては、検査台に載せた車の重量に対してブレーキの効きを数値化して計測しているらしく、当然車の重量が軽い方がブレーキの効きは良いという理屈。

キャンピングカー ユーザー車検

シンクの水に続き、トイレの洗浄水(真水)もどんどん捨てていきます。

キャンピングカー ユーザー車検

さらにバンパー周りに固定してある『カンガルーバー』も取り外し、これも雨が降ってはいますが、車外に置いておくことに。

キャンピングカー ユーザー車検

さらにお次はコレを使って取り外すモノが・・・。

キャンピングカー ユーザー車検

車両後部のナンバープレート裏にある穴に黄色い棒を差し込み、モンキーレンチでグリグリと回していくと・・・。

写真にも写っていますが、スペアタイヤが降りてきました。鉄製のホイールと大きなタイヤがくっついているため、20kg程の重量があります。

とりあえず車外に出した(捨てた)物の重量としては・・・

●清水タンクの水20L・・・約20kg
●トイレの洗浄タンクの水20L・・・約20kg
●スペアタイヤ・・・約20kg
●カンガルーバー・・・約50kg
●ヒッチボール&ボールマウント・・・約10kg
●工具箱・・・約20kg

以上合計重量140kg程の重量物をキャンピングカーの外に降ろし、検査ラインに挑みます。

本当は、この他にカセットコンロ、食料等を入れたプラケース、折り畳み椅子、キャンピングカー内にある各種小物類等も全て降ろしておきたかったのですが、本降りの雨の中、チョイと躊躇してしまいました。

「コレで一回検査ラインを通し、それで重量関連でブレーキ検査に合格しなければ、さらに荷物を降ろそう~」と決め、とりあえずはここまで。

キャンピングカー ユーザー車検

前回の車検時の走行距離は156,600km。

キャンピングカー ユーザー車検

現在の走行距離は、183,648kmということなので、2年間で27,000km余りを走行したことになり、キャンピングカーにしては結構乗ったと思います。

このペースで行くと、次回の車検時には20万kmを超えてしまいそうな勢いに、あまり考えないようにしようと思う私。

キャンピングカー ユーザー車検

とりあえず車内をキレイな状態にし、乗車定員などの検査を受ける準備のため、不要なものは全てトイレルームに・・・。

雨が降っていなければ、全て車外に出したのですが、このお天気では仕方ありませんね。

とりあえず車内の準備が整ったのが午前8:43分。事務所が開く2分前と、やはり余裕を持ってきて良かったと思いました。

これから事務所でユーザー車検の受付&検査に必要な書類の記入と、税金の支払いを済ませた後、検査ラインにキャンピングカーを入れ、車検を受けることになります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る