キャンピングカーのLPガス温水ボイラーを撤去【その02】

今回は、キャンピングカーの使用していないLPガス温水ボイラーを撤去した時の様子をご紹介。

キャンピングカー 温水ボイラー

私の所有している、バンテック社製のキャンピングカー『ジル』の運転席側側面にあるアトウッドの貯湯量22Lの温水ボイラー。シャワーを使う際にお湯を沸かすLPガスボイラーとなっています。

最近は使用することもめったにないため、撤去してしまおうということに。まずはLPガスの配管を外していきます。

キャンピングカー 温水ボイラー

ドレンコックのノブを取り外し、ドレンコック本体を取り外そうとしたところ、プラスチック製のノブが経年劣化により、ポキリと折れてしまいました。

ドレンコックのノブの根元部分に付いている金具をプライヤー等で直接回せばまだまだ使えるため、とりあえずこのままドレンコックを外していきます。

キャンピングカー 温水ボイラー

ドレンコックが外れました。ドレンコック自体は鉄製のため、まだ再利用できそう。

キャンピングカー 温水ボイラー

ここには最初はプラスチック製の蓋が付いていましたが、どこかへいってしまいました。

キャンピングカー 温水ボイラー

LPガスの配管も外れました。

キャンピングカー 温水ボイラー

少し見えづらいですが、アトウッドの温水ボイラーの周囲を留めていた木ネジを全て取りました。20本程の木ネジで留められており、さらに隙間をコーキング(シリコン)で埋めてあります。

キャンピングカー 温水ボイラー

このコーキング(シリコン)を剥がすのが一苦労。久しぶりにスクレーパーを使い、地道にコツコツと周囲のコーキングをキャンピングカーの車体側面のFRPから剥がしていきます。

キャンピングカー 温水ボイラー

とりあえず周囲のコーキングを剥がし終え、アトウッドの温水ボイラー本体を引き出すと少し前に出てきました。

キャンピングカー 温水ボイラー

キャンピングカーのFRPボディーとの間に隙間が出来ています。

キャンピングカー 温水ボイラー

お次はキャンピングカー内からの作業となります。

キャンピングカー 温水ボイラー

合板の蓋を外すと見えてきたのはアトウッドの温水ボイラー本体の裏側。白い発泡スチロールに包まれた貯湯用タンクの姿が見えます。

真ん中付近にあるホースの繋がっていない配管は、ラジエーター液を通し、ラジエーター液の熱でお湯を温めることができる『モーターエイド』の配管。

昔のキャンピングカー仲間の中には、この部分にラジエター液の通っているホースを繋ぎ、現地に着くまでにお湯を作っているキャンパーもいました。

そんなことを思い出させてくれるアトウッドの温水ボイラーの後ろ姿でした。

キャンピングカー 温水ボイラー

キャンピングカーの外に出すためには、まずは配線関係を抜いていき、その後ホース関連を抜く(切る?)作業へと続きます。当たり前のようですが、温水ボイラーの撤去などは初めてのため、勝手が全然分かりません。

無理をして壊してしまわないよう、落ち着いて慎重に作業を進めていきます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る