ニンテンドースイッチの抽選販売に秋葉原へ行ってきました【その01】

本日は2017年7月1日(土曜日)。東京キャンピングカーショーを見に東京ビッグサイトへ行く予定になっているのですが、その前にチョイと寄り道を・・・。

秋葉原駅

電車を途中下車して寄ったのは『秋葉原』。日本でも有数の電気屋さんなどがひしめく『オタク』の街。

秋葉原駅

電気街口の改札を出て・・・。

秋葉原駅

周りを見回すと早速秋葉原らしい風景が・・・。

秋葉原駅

アトレの入り口もキャラクターデザインで固められており、私にはよく分かりませんが、なかなか面白い演出だと思います。

秋葉原

電気街口を出て少し歩きます。時刻は午前8時前と少し早い時間帯のため、昼間は非常に混雑しているであろう電気街口付近も閑散としていました。

秋葉原

ビルの壁面にもキャラクターの看板が掲げられ、「秋葉原に来た~」という気にさせてくれますね。

秋葉原

地下鉄の末広町駅が近くにあるみたい。

ビックカメラAKIBA

雨の中、訪れたのは2017年6月22日にオープンした『ビックカメラAKIBA』。

ビックカメラAKIBA

その目的と言うと・・・、2017年3月に発売された『ニンテンドースイッチ』の抽選販売に参加するため。『ニンテンドースイッチ』は発売当初から品薄状態が続いており、手に入れるのが非常に困難なゲーム機となっています。

普段私はゲームをしないのですが、スーパーマリオカート8デラックスを子供と楽しみたいと思い立ち、購入しようとしたのですが・・・。

これがなかなか一筋縄ではいかず、ネットでの抽選は連続で外れ、どこの販売サイトも『SOLD OUT』状態で、手に入れることができません。

ビックカメラAKIBA

そこでリアル店舗の抽選であれば、多少は望みがあるのではないかと考え、はるばる秋葉原まで来てみた次第。

本日の天候は雨。こんな雨の中、早朝より抽選会に訪れる人などほんの一握りだと思われ、心の中では「フッ、これでニンテンドースイッチ争奪戦も終わりだな」などと考えながら歩く私。

ビックカメラAKIBA

抽選会場は店舗から離れた場所にあるというので、そこまで歩いていくと・・・。

ビックカメラAKIBA

「ん?何だか一杯並んでますけど・・・、何の行列なの?」

しかしよく見てみると、これ全部ニンテンドースイッチの抽選受付待ち行列みたい・・・。

ビックカメラAKIBA

「そ、そんなぁ~」と、先程までの自信はどこへやら。「こ、こりゃアカンな・・・」と思いつつも一縷の望みをかけ、列に並ぶことに。

こんな感じで雨天の早朝8時にも関わらず、既に数百人の人が並んでおり、ニンテンドースイッチの人気の高さが伺えると共に、まだこんなに買いたくても買えない人がいることに驚き。

任天堂も増産をかけているようですが、需要に供給が全く追い付いていない状況が続いている模様。買えないユーザーも大変ですが、任天堂自体も販売機会の損失が起きている訳で、いずれにせよ双方にとって好ましくない状況であることには違いありません。

そんなことを思いながら、雨の中、列が進むのをじっと待つ私でした。

抽選の結果はいかに・・・。

次回へ続きます・・・。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る