フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA)を品川ステラボールへ観に行きました

2017年8月後半に品川ステラボールへ『フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA) 』というエンターテイメントを観に行った時の様子をご紹介。

フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA)

先程別の舞台装置が観客の近くまで来たと思っていたら、今度は別の場所から違う移動用舞台が登場。

フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA)

舞台の上では踊りが披露され、天井からは水が落ちてきたりして、何だか混沌とした感じに。新たな舞台が出てくる度に観客の移動があり、なるほどこれでは床に荷物を置いておく訳にはいきません。

また、水が天井付近から容赦なく降り注ぐため、ピンポイントで濡れる場所が出現するなど、床もびしょ濡れになり、やはり床に荷物を置いておくと大変なことになります。

というより、床に荷物を置いておこうものなら、移動を繰り返す観客と舞台装置に踏み潰されてしまうでしょう。そういうことで、『フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA) 』を十分に楽しむには手ぶらで濡れても良いカメラと服装があればいいかもしれません。

もちろん積極的に水が滴るエリアへ行かなければ大丈夫ですが、私も何だかノッてきて、水の滴るエリアへ出ていき、タコ踊りを披露(笑)。出演者と一緒になって楽しむのが『フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA) 』の正しい鑑賞方法かと・・・。

会場内は薄暗く、周りは知らない人ばかりなので、ここは恥ずかしがらずに一緒になってはしゃぐのが吉。水を浴びながら大騒ぎしましょう。

ちなみに『フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA) 』の会場内は写真撮影OK。フラッシュ撮影は禁止ですが、それさえ守ればどんどん写真を撮影し、SNSなどにアップして下さいと入場前にスタッフから説明があった程。

フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA)

と、今度は天井から巨大な透明ビニールプールが登場。浅く水が張られた上を女性が滑ります。

フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA)

女性の数が4人に増え、水遊びをしている様子を下から眺めます。

フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA)

その後女性達は思い思いに体を使って透明ビニールプールの上を滑り、はだけた着物と水着が何だか少し妖艶な感じを演出。

フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA)

さらに遊びはヒートアップ。今度はビニールプールの上で女性たちが飛び跳ね始めます。

フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA)

結構固い素材のビニールプールのため、女性が着地する度に「パ~ン」と大きな音がし、観客は大騒ぎ!

フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA)

ビニールプールが破けてこちらに落ちてくるのではないかという怖さと、音の迫力、目まぐるしく変わる照明効果で、再び「何じゃコリャ~」という感じ。

フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA)

女性が飛び跳ねる振動で水滴がダンスをしているようにも見え、妖艶な雰囲気の中にも美しさも交じります。

フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA)

ビニールプールが終了すると、今度は鳥居と階段が登場。

フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA)

一番高いところまでいき。

フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA)

またまた宙を舞います。

フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA)

コレは見ている方も面白く、私もチョイとやってみたいかも・・・。

フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA)

最後は太鼓の大演奏で締め、全員で記念撮影をして終了となりました。

写真だけでは伝えきれないとは思いますが、予測不可能なエンターテイメントの連続で、「何じゃコリャ~」と思いながらも非常に楽しめました。

非日常体験を存分に味わうという意味においては、とても面白いエンターテイメントだと思います。紙吹雪や水、お腹に響く大音響、ちょっとした怖さも写真では体感できないため、会場で楽しまれることをお勧めします。

ただ、怖がりな方はチョイと苦手なエンターテイメントかもしれませんが、彼女がしがみついて離れないというメリットもあるため、親密になりたい方はどうぞ(笑)。

渋谷駅

「何じゃコリャ~」な『フエルサ ブルータ (FUERZA BRUTA) 』を観た後は渋谷へ移動。

渋谷駅

次の目的地へ向かいますが、衝撃の事実がこの後発覚!

ということで、詳細は次回へ・・・。

関連記事

ページ上部へ戻る