東京モーターショー2019に行ってきた『電気自動車の社会がすぐそこまで来ている!?』

今回は2019年11月4日(月・祝)に東京モーターショー2019に行ってきた時の様子をご紹介。

東京モーターショー

またまた変わった形の車が展示してあります。TAJIMA EVと車体に描かれており、電気自動車なのかな?

東京モーターショー

運転席はスクーターのよう。一人乗り用の配達車といった感じ。

東京モーターショー

コッチも何だか遊園地にあるゴーカートのような乗り物。子供が乗り込もうとしていますが、まさに子供の遊び道具のような車。

東京モーターショー

何故か天井には犬の縫いぐるみがお尻を向けています。

東京モーターショー

コチラはワイヤレス充電対応EVということで、最近のiphone同様、充電コード無しでバッテリーの充電が出来る車のよう。

自宅の駐車場にワイヤレス充電の機械があれば、帰って駐車しておくだけで翌日使う分の電力が供給されるため、この形が主流になればEVの普及も加速しそう。

究極は道路を走りながら充電が出来てしまう道を造るのが最高の充電インフラとなると思われますが、整備に掛かる費用やメンテナンスの手間、技術的な問題も沢山あると思われ、すぐには普及しないと思われます。

やはりこの駐車場スタイルが先に普及し、徐々にEVの台数が増えてくればそのような充電道路も検討される日が来るのでしょう。

東京モーターショー

何故かこのブース内に展示されていた『GoPro』。10年程前にジェットスキー仲間が購入し、ジェットスキー本体に取り付けて動画等を撮っていました。

ただ、最初は斬新な画像で物珍しさもあって楽しいのですが、同じような画角や乗り物で撮っているうちに飽きてくるもの。それに頻繁に動画を見返すような暇もないため、いつしか動画を撮らなくなってしまいました。

まぁ、動画を撮影して残すより、ジェットスキーに乗っているリアルな体験を脳に記憶していた方が面白いと私は思いますね。

東京モーターショー

さっきの駐車場充電電気自動車の顔。何となくスズキのジムニーに似ているような・・・。

東京モーターショー

東京モーターショー会場内は大混雑。

東京モーターショー

グリーンスローモビリティの後ろ姿。写真を撮影している人が多過ぎて車体を引いた位置から撮影するのが困難に。

東京モーターショー

観光地や施設内で時速20km/h未満で人を乗せて移動するための車両みたい。軽自動車位の大きさで、狭い道でも小回りが利く上、6名乗車により効率的な人員輸送を可能にする模様。

将来的には自動運転の技術を活用し、過疎集落内の移動手段や、観光地の案内用車両としても活用の幅が広がりそうな車両。もちろんガソリンエンジンではなく、電気自動車となり、環境にも配慮した移動手段となりそう。

東京モーターショー

スローグリーンモビリティの正面の顔。丸いヘッドライトに真ん中の電源マークが電気自動車ということを主張しています。

東京モーターショー

軽自動車のサイズで6人乗りを実現できるのは、エンジンや燃料タンク等の部品が必要ない電気自動車だからこそ。

電気自動車が主流になるまで私が生きているかどうかは分かりませんが、将来的には「えっ!まだガソリンスタンドでガソリン入れてるの?」って言われる日が来るかも知れませんね。

キャンピングカー関連ブログはコチラ(日本ブログ村)

アウトドア関連ブログはコチラ(日本ブログ村)

関連ブログランキングに参加しています。

関連記事

ページ上部へ戻る