東京モーターショー2019に行ってきた『トヨタ車体の近未来的移動車』

今回は2019年11月4日(月・祝)に東京モーターショー2019に行ってきた時の様子をご紹介。

またまた変わった形の車が登場。何だかカタツムリのよう。

PMCV(ピーエムシーブイ コンセプト)という車のようで、トヨタ車体が出展している模様。主要諸元表には車両の内外のサイズだけが表記されており、パワートレイン等の表記はナシ。

ガルウィング式のドアが大きく開き、スペースシャトルのよう。

リアビューも近未来感たっぷり。

運転席周りもSFチック。

一応オートマなのでしょうか?2ペダル式ですが、ペダルがアクリル板というのが何とも・・・。

ハンドルにはスマホの液晶パネルのような物が埋め込まれており、ゲーム機のコントローラーみたい。

乗り降りはしやすそう。運転席部分にロボットが座って運転すればSF映画そのものになりますね。

コッチは変わって救急車の展示。

普段はじっくり見る機会もないため、皆さん興味津々。

よく分かりませんが、医療機器が沢山。

日産のキャラバンがベース車両。

日産のブースでした。

最近の日産はカルロス・ゴーン等の問題もあり、社内がガタガタしているようですが、早いとこ正常化して良い車を造って欲しいものですね。

数年前にフルモデルチェンジしたNV350キャラバンもカスタムすると200系ハイエース同様にカッコいいです。

関連記事

ページ上部へ戻る