東京モーターショー2019に行ってきた『デザインが秀逸だと感じる輸入車』

今回は2019年11月4日(月・祝)に東京モーターショー2019に行ってきた時の様子をご紹介。

東京モーターショー

今回のモーターショーに出品している数少ない輸入車メーカーのひとつ、日本人にはお馴染みのメルセデスベンツのコーナー。私が子供の頃はベンツ=ヤクザという公式が成り立っていたものですが、今はそんなことはないよね。

東京モーターショーの会場内を散々歩き回ったので少々疲れ気味でした。正直輸入車にはあまり興味はないため、サラッといきましょう。

東京モーターショー

ピンボケですが、かなり混雑しています。今でいうところの3密状態で危険。

東京モーターショー

皆さん何を見ているのかと言えば。

東京モーターショー

コンセプトカーですかね。

東京モーターショー

ターンテーブルの上をグルグルと回り、全貌を余すところなく見せてくれるというなかなか工夫された展示方法。

東京モーターショー

コレ、市販されたらスゴイね。

東京モーターショー

こんなのが後ろから迫ってきたらコワいだろうなぁ~。

東京モーターショー

メッチャ囲まれています。

東京モーターショー

Mercedes-Benz VISION EOSというコンセプトカー。

東京モーターショー

白いベンツも展示。日本車には無いデザイン性が輸入車の醍醐味かな。耐久性や品質に関しては日本車が圧倒していると私は思っているのですが、デザインはいつまで経っても海外勢に追いつけていないと感じています。

これは普通乗用車に限らずキャンピングカーも同様で、ヨーロッパ製のキャンピングカーの外装や内装を必死に追いかけているのが現状。中にはあまりに必死こいて追いかけるあまり、何だかよく分からない変なデザインになってるキャンピングカーもあるし。

来年のキャンピングカーショーは開催されるのかなぁ~?今年は何となく面倒で行かなかったけど、いざ開催されない状況になると行ってみたいと思うのは私だけでしょうか?

早いとこ新型コロナウイルスの感染拡大による影響が収束するのを願うばかりです。

関連記事

ページ上部へ戻る