通信販売「ケフィア事業振興会」事件に関して想うところ

先日ネットニュースで見た『通信販売「ケフィア事業振興会」元代表ら逮捕 出資法違反容疑』という事件ですが、これについては自分も想うところがあり、少し検証してみたいと思います。

事件の概要としては・・・

加工食品のオーナーになれば高い利子を支払うなどとうたって多額の資金を集め、経営破綻した通信販売会社「ケフィア事業振興会」について、警視庁は元代表ら9人を出資法違反の疑いで逮捕しました。全国の高齢者などおよそ3万人から集めた1000億円が返済されないままになっているということです。

逮捕されたのは、東京 千代田区の通信販売会社「ケフィア事業振興会」の元代表、鏑木秀彌容疑者(84)ら9人です。

警視庁によりますと、おととし6月までの1年余りにわたって、無許可で千葉県の80代の男性ら合わせて19人から1億8000万円余りを違法に集めたとして出資法違反の疑いが持たれています。

「ケフィア事業振興会」は関連会社が生産した加工食品のオーナーになれば、半年でおよそ10%の利子を支払うなどとうたって資金を集めていましたが、おととし経営破綻し、去年、警視庁の捜索を受けていました。

関係者によりますと、関連会社を含めて高齢者を中心に全国のおよそ3万人から集めた1000億円が返済されないままになっているということです。

警視庁によりますと、調べに対して鏑木元代表は「金を集めたことに間違いない」と容疑を認めているということです。

警視庁は資金の流れなどを調べ、実態解明を進める方針です。

「半年で約10%の利子」も支払い滞り破綻

ケフィア事業振興会は10年ほど前から「加工食品のオーナーになれば利子を支払う」とうたって資金を集めていました。

関連会社で生産する干し柿やヨーグルトといった加工食品のオーナーになれば、元本を保証したうえで半年後に10%前後の利子をつけて払い戻す、と呼びかけていました。

加工食品は会社が通信販売し、その売り上げからオーナーに払い戻すとうたっていました。

しかし3年前の平成29年から支払いが滞り始め、おととしの平成30年に関連会社とともに経営破綻しました。

「老後の資金に」と契約した高齢者も多く、関係者によりますと、関連会社を含めて高齢者を中心に全国のおよそ3万人から集めた1000億円が返済されないままになっているということです。

このうち東京都内に住む70代の女性は、ケフィアと契約を結び、これまでに合わせて1100万円余りを支払いました。

女性は「悔しいです。お金を支払ったのは自分のせいでもありますが、支払いをせずに逃げようという姿勢は絶対許せないです」と話しています。

*****

というような内容で、少し冷静になって考えれば分かることなのでしょうけど、今のスーパー低金利時代に10%もの利回りがある商品があるはずがありません。

銀行の預金金利は普通預金で0.001%、定期預金でも良いところで0.2~0.3%という非常に低金利の中、10%の利回りがあること自体がおかしいと思わなければなりません。

ただ、こうした考え方が出来るのも、過去の手痛い失敗の経験から。

かく言う私もサラリーマンの少ない給料から貯めた小銭をなんとか増やしてやろうと欲をかき、何の知識もないまま銀行や証券会社から投資信託や外貨預金を勧められるままに行っていました。

そんな他力本願での運用が上手くいくはずもなく、最初は調子が良さそうに思えた投資も、気が付けばかなりの損失を被る形となりました。

相場が上昇している時は本当に気分が良いものですが、相場が下げ基調になってくると気分は一転。焦りにも似た暗い気持ちになったことを思い出します。

最終的には数百万の損切りをして、最初の資金を神経をすり減らして目減りさせただけでした。

もっとも、必死になって勉強し、努力をすればそれなりにリスクを回避することは出来たのかもしれませんが、仕事をしながら投資の勉強や遊びを両立させることは私には難しかったです。

投資には賛否両論あるとは思いますが、ある記事で見つけた言葉が私には印象的でした。

その言葉とは・・・

『プロスポーツ選手に素人が勝てないのは誰でも分かっているはずなのに、投資の世界では素人でも勝てると思って参入する人が後を絶たないのが不思議でしょうがない』

といった内容でした。

確かに、プロボクサーに素人が挑んでも勝てるはずもなく、プロ野球選手の150km/hの速球を素人がホームランにするのも無理な話で、それくらい投資の世界は素人が勝てる要素が少ないという話。

時に『投資のプロ』と呼ばれる方々でも大きな損失を出してしまう世界。そんな世界に素人がノコノコと生半可な知識を持って参入しても、あっという間にボコボコにされるのがオチ。

さらに私が強く思うことに、自分では勉強をして投資をしているつもりでも、投資市場は自分でコントロールできるものではなく、それこそ世界中のあらゆるファクターによって左右され、自分ではコントロールできないということ。

そんな自分でコントロールできないものに自分の大切な資産を投入するなど、とても出来ないと私は思っています。

それでも投資に失敗した私が唯一良かったと思っていることは、『この先もう二度と投資と呼ばれるものに自分の資産をつぎ込むことはないとしっかりと釘を刺してくれた』ということ。

いわゆる反面教師というやつですかね。

ですから、上記の『ケフィア事業振興会』の件も何だか人ごととは思えないんですよ。私もその時期(どうにか小銭を増やしたいと思っていた)に出会っていれば、欲に目が眩んで投資していたかもしれません。

投資に対する知識も乏しいまま投資をしていた過去の自分に被さる部分も多い今回の事件。当事者はたまったものではないとは思います。

世の中にウマい話は無いということを、私も過去の苦い投資経験から学んでいるので、これからもウマい話には気を付けなければならないと今回の事件の記事を見て思いました。

関連記事

ページ上部へ戻る