ネガティブな話題のブログ記事に惹かれる理由

最近は新型コロナウイルスの影響で経済が縮小傾向にあり、時々読んでいるブログの中でも保有している資産が大幅に目減りしたという記事も目立ちます。

ただ、そのネガティブな記事の内容をよく見てみると、とりあえず現時点での含み損というだけで、損切りして損失が確定したという記事は皆無に等しい状況。

なんだかんだ言いながら、下がった資産を保有しながら新型コロナウイルスの影響が収まり、株価等が戻るのを皆さん待っている模様。

なのでブログのタイトル自体はネガティブなものの、内容をよく読んでみればそれ程切羽詰まった状況になっていないことが分かる。

それでもそのようなネガティブな情報は皆さんお好きなようで、そのようなネガティブブログの人気はそれなりにあるみたい。まぁ、『他人の不幸は蜜の味』という通り、他人の不幸話を聞き、自分はまだマシだと思う人が沢山いるということ。

かくいう私ももちろんそのような傾向は往々にしてあり、やはりネガティブなタイトルのブログを無意識のうちに選んで読んでしまっているのも事実。

煩悩の塊であると自覚している私も世間一般の人と同じく、ゲスな人間であると今回の新型コロナウイルスの騒ぎを見て思った次第。

話はガラッと変わりますが、最近軽自動車を運転する機会があり、自分のキャンピングカーに比べて何と小回りが利き、スムーズに走るんだと感動しました。

小型軽量でガソリンエンジンの車ですから、軽快に走るのは当たり前なのですが、出だしから他の車の流れについていけることにも感動。

そこでムクムクと頭をもたげてきたのが「もう少し走りと乗り心地の良いコンパクトな車に乗りた~い!」というもの。

ただ、ジェットスキーを車内に積まなければならないため、軽自動車という訳にはいかず、いろいろと思案した結果、やはりトヨタのハイエースが良いだろうということに。

さらにコンパクトなサイズということで、最終的には200系ハイエースのロングバン標準ボディー4WD/ATのディーゼルエンジン車が良いのではということで。

ところで幾ら位するものなのかということで、早速ディーラーに見積もりをもらうことにしました。

その結果、一番低いグレードで、少しオプションを付けて310万円程という結果に。本当に何も付いていない3人乗りで、荷室もペラペラの板張りのような内装で310万円というのですから、ハイエースは高いと思いますね。

そんなドンガラの状態で300万円程もするのですから、200系ハイエースのキャンピングカー仕様であるバンコンが500万円以上するのも無理はないと思った次第。

そんな訳でとりあえず見積もりは取った訳ですが、すぐに買える状況ではなく、今のキャンピングカーの気になっているリアエアコンの不具合箇所を直し、まだまだ乗り続けるしかありません。

あと、買い替えに踏み切れない要素のひとつに、ジェットスキーをキャンピングカー内に積めるようにしている現在の仕様を、再びハイエースに移植するのがとっても面倒だと思っているのもあります。

現在使用しているジェットスキーの中積み仕様も、なんだかんだで完成まで6ヵ月以上かかったため、また同じようなことをハイエースでするのはやってられないというところもあり、なかなか踏ん切りがつきません。

以上、多少のネガティブシンキングな話題になったのではないでしょうかと思いつつ、新型コロナウイルスの動向は気になりますが、良い季節をそろそろ迎えますね。

早く新型コロナウイルスの騒動が収束し、気にせずアチコチ遊びに行きたいものです。

関連記事

ページ上部へ戻る