『食べて』『TVやネット見て』『寝て』過ごすステイホームのお正月

2021年の年末年始はステイホームでということで、我が家も例外なく自宅で静かに過ごすことに。12月31日には東京都の新型コロナウイルスの感染者数が1,300人を超えるなど、全く収束のきざしが見えない中、人混みの中に出かけるのはリスクしかありません。

緊急事態宣言について政府と都県がモメているようですが、新型コロナウイルスの感染拡大はそんな人間のご都合主義などにはお構いなく、感染を広げています。

そんな中、娘が帰省し、3人でビッグマックを食べました。いつもであれば都心の方に遊びに行く娘も、今回の帰省ではどこにも行く予定は無いみたい。若者の中でも遊びまわっている人と、自粛している人で両極端な動きをしている模様。

ステイホームの年越しは年越しそばではなく年越しラーメンで。紅白を見て、ゆく年くる年を見た後、少し遅く就寝。

静かな年越しをと言われていますが、やはり若い人は集まって騒ぎたいみたいで、カウントダウンの時刻に渋谷のスクランブル交差点はこの人出。「コリャ感染拡大の収束はまだまだ先のことだな・・・」と思う新年の始まり。

一方、霞ケ浦の年明けは穏やかな様子。気温は低いですが、風もあまり無く、湖面は穏やかでしょう。気温(本館)の表示が低過ぎるのは多分機器の故障だと思う。少し前はマイナス30℃とかいうあり得ない値が出ていたので、壊れている模様。

2020年はコロナの影響もありましたが、気分的にあまりジェットスキーに乗りに行きたいと思うことが少なく、5回程しかジェットスキーに乗れていないため、2021年はもう少し行きたいと思います。

やはりブイが張られていない水面をただ走るだけでは何となく物足りなさを感じるため、常設ブイが設置されている北総マリンのゲレンデ会員になり、仲間とブイを回る方が楽しいのかもしれません。

妻がスコーンやチョコケーキみたいな物を作ってくれたりしました。しかしずっと家の中で籠っているのも飽きてくるため、昼間の暖かい時間帯に妻と娘と3人で近所をお散歩して気分転換を図ったりもしました。

毎年初詣は行かないので、今年も初詣には行かず、近所を散策するのみ。

またラーメン。スーパーで生麺タイプの袋麺を買ってきたのですが、コレが思いの外美味しく、300円程で2人前が入っており、ミニラーメンとして2人前を3人で分け、それぞれの味を楽しみました。

とりあえず自由に出かけることができないため、基本的に食べること位しか楽しみがなく、おそらくお正月中に体重が増えてしまったと思います。多分他の大多数の人も食っちゃ寝の生活になっていると思われ、お正月明けは身体が重いかもしれませんね。

毎年お正月休みは寒さもあり家に籠っているのですが、2021年のお正月はそれが顕著になっています。それでも新型コロナウイルスの感染拡大の様子を見ながら、今年はもう少しアクティブに活動してみたいものです。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村
関連ブログランキングに参加しています。

関連記事

ページ上部へ戻る