東京駅周辺をぶらぶら『皇居のお堀でアレに乗りたい私・・・』

東京駅周辺をぶらぶら散歩しています。

東京駅周辺

どこまで行ってもビル、ビル、ビルで、さすが都心の一等地だということを感じさせます。ビルの1階に入っているテナントも高級なお店が多く、コーヒーカップが一組1万円というプライスタグを平然と付けたお店など、一般庶民の感覚とは少し違う感じ。

最近コーヒーカップが必要になり、あちこちのお店を見て回り、最終的に購入したのは100円ショップのコーヒーカップでした。

それでもきちんとコーヒーは飲める訳で、我々庶民は100均のコーヒーカップでコーヒーを飲みながら、ネットで格安の旅行ツアーなどを探し、物より思い出を大切にして生きていきたいと負け惜しみのひとつも言いたくなってしまいますね。

東京駅周辺

グッドデザインのショールームもあり、誰でもウエルカムのような雰囲気だったので、ちょっと寄り道してみました。代表的な商品が20~30点程展示されていましたが、全体では数千の種類があるようで、分厚いカタログも置かれていました。

東京駅周辺

何やら荘厳な雰囲気の建物が目に入りました。

東京駅周辺

ズームして確認してみると、『農林中央金庫』の建物のようです。窓にはめられている格子のデザインも独特で、歴史を感じる建物です。

東京駅周辺

駐車違反を取り締まる係りの方が巡回していました。やはり都心の交通量が多い通りの裏通りになるため、違法駐車も多いのでしょうか?駐車違反の罰金は高額のため、少しの時間でも結局は駐車場に入れた方が損をしなくて済むと思います。

私も若い頃は駐車料金が勿体なくて路上駐車をし、車に戻って来ると駐車違反の札が掛かっていたことを数回繰り返し、あと一歩のところで免停になるところまでいきました。

そんな経験もあり、今では短時間でももちろん駐車場に車を入れ、逆に駐車場に困るような都心には電車で行くようにしています。

あまり電車は好きではないのですが、最近は直通電車に乗れば音楽を聴きながら寝ているうちに目的地に到着するため、都心方面に行くのは電車に限ると、すっかり『電車男』になってしまいました。

東京駅周辺

imagine studio という何だかよく分からない看板。

東京駅周辺

と、思っていると、これはニッポン放送のビルでした。ラジオをよく聴いている人はご存知だと思いますが、ラジオを聴かない私には縁遠い存在。

東京駅周辺

さらに数分歩いていると、突然風景が大きく開け、目の前に皇居の姿が。東京駅から10分も歩いていないと思いますが、やはり東京の一等地にあるんだということを実感します。

東京駅周辺

道路は驚きの5車線道路。休日にも関わらず多くの人が行き来していました。

東京駅周辺

本当に久しぶりに皇居のお堀を見ました。おそらく20年ぶり位ではないでしょうか。関東に住んでいるのですが、特別用事でもない限り皇居周辺には来ないため、まさに二昔ぶりと言った感じ。

こうして見ると皇居のお堀も結構広いということが分かります。ここならジェットスキーに乗ることが十分出来るな・・・、と思ってしまう私。

よく仲間と話しているのですが、人生がどうでもよくなってしまったら、「皇居のお堀にジェットスキーをサッと浮かべ、乗り回した後に逮捕されるのもいいかもね」などと冗談交じりに言っているのですが、歩道と水面も思いのほか近いため、あながち無理な話ではないような感じ。

まぁ、実際にはやりませんが、「ここでジェットスキーに乗ると気持ちいいだろうなぁ~」と思ったのは事実。

東京駅周辺

『コイなどにエサを与えないで下さい』という看板があり、コイがいる模様。

東京駅周辺

いました。コイなどが・・・。でもあまり水がビューティーではないようで、ここでジェットスキーに乗るのはいいのですが、出来れば水中に落ちたくないですね。やはり捨ててもいいランナバウトなどがよろしいかと・・・。

東京駅周辺

「アホなことばっか考えなはんな」と言いたげな白鳥が遥か先に浮かんでいました。

東京駅周辺

皇居のお堀は水鳥の楽園のようです。天敵などがあまり居そうにないため、のびのびと暮らしていけそうに思えるのは私だけでしょうか。それにしても坪単価の高い土地に住んでいる鳥です。おそらく日本で一番家賃の高い棲家に住んでいる鳥ではないでしょうか?

などとこれまたアホなことを考えながら、皇居周辺を散策していきます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る