東京都心のイルミネーションを散策『原宿表参道のイルミネーションに感動』

今回は2016年12月に東京都内を散策した時の様子をご紹介。クリスマス前に散策をしたため、東京のイルミネーションも十分に楽しめました。

東京ミチテラス2016

こちらは、『東京ヒカリミチ』の道沿いにあったビルの1階ロビー。ここにもクリスマスツリーの姿があり、光る木に誘われるよう多くの人がビルの中へ吸い込まれていきます。

東京のイルミネーション散策が目的のため、私も中へへ行って見てみることに。

東京ミチテラス2016

広いロビーの中にはいくつかのクリスマスツリーが置かれており、緑の木と金色(黄色)のシンプルなツリーですが、これが意外にキレイ。

東京ミチテラス2016

近くで見てみると、金色の飾りに混じって透明な飾り玉の姿も見え、この透明の飾り玉の存在がクリスマスツリー自体にクリアな印象を与え、シンプルながら美しく見えるようです。

東京ミチテラス2016

こちらのクリスマスリースは電飾付き。少し暗い感じの門と合わさり、派手さはありませんが、シックな感じで大人の雰囲気を醸し出しています。

東京ミチテラス2016

東京駅から300m程のところにある、三菱一号館美術館に来てみました。中庭のような場所の木々にイルミネーションが施されていると共に、花などで飾り付けをしたクリスマスツリーの姿も。

東京ミチテラス2016

丸い花壇の中にある木にカラフルな飾り付けを施してあり、こちらのクリスマスツリーには電飾がありません。周りからのライティングで夜の庭園に浮かび上がる様を、多くの方が写真に収めていました。

写真と言えばカメラを持った女性の姿が目立ちます。それもコンパクトデジカメではなく、本格的な一眼レフを持っている方々。

50歳前後の女性4人組の姿もあり、それぞれが自分の一眼レフを持ち、盛んにシャッターを切っていました。まだ早い時間帯のため、この後4人でお茶や食事をしながら撮影した写真の品評会でもするのでしょうか?

楽しそうにワイワイ言いながら歩いている姿が印象的でした。

東京ミチテラス2016

その女性達が撮影していたのがこの回廊。レンガ調の建物とレトロな感じの街路灯の雰囲気、さらにその先に見える木々のイルミネーションのコラボがキレイな空間となっています。

その女性達が撮影していなければ、私はこの回廊に気が付きませんでした。「なかなか一眼レフ女子の視線は斬新だな・・・」と思いながら、彼女達と同じような写真になったのかは分かりませんが、私もコンパクトデジカメで撮影しておきました。

東京ミチテラス2016

コレ、何だか分かります?宇宙船の入口のような外観に、思わず足を止めてしまう私。

東京ミチテラス2016

近づくと自動ドアになっているようで、中は外観の通り円柱構造になっています。

東京ミチテラス2016

反対側のドアも自動で開き、その先にはエスカレーターがあり、ビルの中のよう。

まぁ、外観からしてみると何かと思ってしまうような構造物ですが、何のことはありません。ただの自動ドアで、形が少し変わっていることと、二重ドアになっているということでしょうか。

とりあえず興味の赴くままにいろいろと散策をしていきます。

東京メトロ千代田線

東京メトロ千代田線の日比谷駅から地下鉄に乗りました。

明治神宮前(原宿)

降りた駅は『明治神宮前(原宿)』駅。遠い昔にJR山手線で原宿に来たことはありますが、地下鉄で原宿近辺に降り立つのは初めて。

表参道 イルミネーション

地上に出ると見えてきたのは表参道のイルミネーション。テレビのニュースでも有名な表参道のイルミネーションを一度は見ておきたく、来てみました。

歩道にはもの凄い数の人が歩いており、やはり東京の中でも有名なイルミネーションスポットだということが分かります。

表参道 イルミネーション

このような感じで道沿いにイルミネーションを施した木が立ち並び、キレイというか壮観な感じがします。道にはびっしりと車が並び、歩道橋は安全対策のために通行止めとなるなど、なかなかの賑わいぶり。

「う~む、やはり超有名イルミネーションスポットだけのことはあるな」と、ありきたりではありますが、「東京ってスゴイな」と、思ってしまう私でした。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る