アップルのiPhone SEが非常に気になる私

私は未だにガラケーを愛用しているのですが、以前からスマホは気にはなっているというのが正直なところ。それでも丈夫で誤作動もないガラケーが好きで、今の機種もリサイクルショップで新品を8,000円で購入して3年程使用しています。

color_white

ただ、先日発売されたアップルのiPhone SEは非常に気になる存在。それでも、Xperia Z5 Compact SO-02Hと迷っていたのも確か。

やはり日本人なのだから、アメリカ製の製品よりも日本のソニーが設計したスマホを使いたいという気持ちも大きいもの。しかし店頭でデモ機を触ってみるとやはりiPhoneの方が動きが滑らかで引っ掛かりがないということをいつも感じます。

それでもスマホで何をするでもないため、特に必要はないと思っていて、今までは見て見ぬフリをしていましたが、今度のiPhone SEのデザインは以前iPhone5sを本気で買おうかと思っていたデザインの復刻版のため、非常に魅力的。

というのも、以前iPhone5sにしようかなぁ~と思いつつもダラダラしていたら、あっという間にiPhone 6に時代は移り、慌ててiPhone5sの新品を探したのですが時すでに遅しといった感じで結局手に入れることができませんでした。

電車の中でのスマホいじりの状況にはなんとなく違和感や終末感を感じるところもありますが、やはりガラケーでは限界を感じるような場面も多々あることも事実。特に電車の乗り換え案内などはスマホの得意分野でもあり、画面が見やすい上に情報量も豊富。

ガラケーでは途中で読み込みを強制終了されてしまうようなウェブページもスマホであれば問題なく読み込めるため、その辺りにも魅力を感じるところ。

ネックになるのは月々の料金ということになりますが、ガラケーでも電車の路線案内などを頻繁に見ていると意外に料金が跳ね上がるため、スマホでもあまり変わりないかと思っているところです。

iPhone SE

そんな訳で非常に今回のアップル社のiPhone SEはデザイン面などが非常に気になっています。とりあえず今度の休日に実機をいじくり回してみて、どんな感じなのか実際に体験してみようと思っている次第。

ジェットスキーも同じですが、実際に乗ってみないと分からない部分も多くあると思うため、やはり実機を触ってみないことにには始まりませんね。

しかしデザインの良さで購買意欲を掻き立てられるような製品を造れる会社というのは、世界の中でも少数派だと思われるため、やはりアップルという会社は凄い会社なんだと思わずにはいられません。

ということで、先日会社帰りに近くのドコモに料金プランの説明と端末の買換え相談をしようと思って行ったのですが、なんと待ち時間が2時間とのこと。まだ実機も店頭に並んでいない状態で触ることもできませんでした。

利用者数が多い携帯電話会社の携帯を使用していると、やはりこのような場面では待たされることも多々あるのだと感じました。

店頭にある既存のスマホなどを触って時間をつぶしていたのですが、さすがに2時間も待つのはアホらしいので、「また出直してきます」と店員さんに断ってその日はお店を後にしました。

何だかちょっと熱も冷めてきたような感じで、またまたもう少し落ち着いてから考えようかな?という気持ちになっています。

いずれにせよ、実機のiPhone SEを触ってみてからでも遅くはないと思っています。もし機種交換するのであれば、64Gのタイプにすると思いますが・・・。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る