狭い日本でもキャンピングカーにはメリットがある!?

日本でもキャンピングカーの普及率が高くなってきたというけれど、アメリカのようにだだっ広い国ならともかく、この交通インフラが高度に発達して、しかも狭い日本でわざわざキャンピングカーを所有するメリットなんてあるの?と思う人もいると思います。

そこでこの記事では、キャンピングカーを持つメリットをいくつか挙げてみようと思います。

予約の必要なし

世界一と言っていいほど鉄道インフラが発達しているこの日本。とはいっても、長距離を移動しようとすれば時期によっては苦労します。特に、気楽に一人で旅するならともかく、ゴールデンウィークや夏休みなどに、家族で移動しようとするならば、新幹線にしろ特急にしろ予約はしておきたいもの。

でも、自分が都合のいい時間は他人にとっても都合がいいもの。取りたい時間の予約が必ず取れるとは限りません。ましてや、当日に指定券を購入するなど無謀だとしか言いようがありません。

ところがキャンピングカーならばそんな心配は一切なし。予約どころかぱっと思いついたその日にでも旅に出ることができます。

渋滞に巻き込まれにくい

ただ、車での移動となると今度は渋滞に巻き込まれるでしょ?と思われるかもしれません。しかし、キャンピングカーであれば休日が始まる前日の夜に出発することだって可能。

もちろん一般車でも車中泊ができないわけではないけれど、シートをリクライニングして寝るのと、ベッドで寝るのとでは快適さが違います。

RVパーク

路肩やサービスエリアに停めて一晩過ごすというのはルール違反なのでやめるべきですが、今日本には「RVパーク」というキャンピングカーで宿泊できる駐車場が増えているので、そのような施設を利用すれば問題ありません。

また、仮に渋滞に巻き込まれてしまったとしても、キャンピングカーのキャビンというのは小型の「部屋」そのもの。運転担当者は別として、その他の同行者はストレスなく過ごすことができる上、運転できる人が2人以上いれば、交代してくつろぐこともできます。

ペットとの旅も楽々

旅には行きたいけれどペットがいるから・・・と躊躇してしまう人もいるでしょう。でもキャンピングカーならペットを連れた旅も簡単です。電車や自家用車ではなかなか連れて行きにくい大型犬だって大丈夫。

それに、犬や猫だけではなく、ウサギだってハムスターだって、鳥やイグアナだって連れていけます。さすがに魚は環境が安定している水槽に置いていけと思いますけど・・・。

最近はキャンピングカーのレンタカーも出てきました。ここに挙げたメリットを体感するために、まず借りてみるというのもオススメですよ。

関連記事

ページ上部へ戻る