ヤフオクでキャンピングカーを売却して想ったこと

先日19年間で23万キロを走行したバンテック社のキャンピングカー、ジルをヤフオクで売却しました。ヤフオクに出品している間に閲覧された回数は12,000回にのぼり、ウオッチしている方も250人程いたようで、キャンピングカーの人気ってスゴイいんだなと思ったもの。

キャンピングカーは興味のある人が多い

キャンピングカーを売却する前に、ジェットスキーをやはりヤフオクで売却したことがありましたが、アクセス数、ウオッチ数ともキャンピングカーの数分の1程度しかありませんでした。ジェットスキーも最終的には無事売却できましたが、やはりジェットスキーはマイナーなジャンルだということもよく分かりました。

さて、そのようにアクセス数の多い商品を出品していると、当然のことながら質問も多数あります。多くの質問は常識内の内容が多いのですが、ごくたまに「ん?」と思うような質問もあります。

あと、質問の内容がよく分からないような抽象的な内容のものや、文章が少しおかしいような質問もあり、そのような方には正直落札して欲しくはない感じでした。

実際にキャンピングカーの現車確認をされた方もいました

それなりの高額商品ですから、現車確認を説明文の中でも推奨していました。そのようなこともあり、実際に4名の方が現車を確認しに来てくださいました。遠方より来られた方もおり、分かる範囲でご質問にはお答えさせて頂き、丁寧に説明はしたつもりです。

個人売買で車を買ったことはありませんが、ジェットスキーの中古を個人売買で購入したこともある私も、現物の確認をしてから取り引きをしたことから、やはり現物確認は必要だと思っています。

1~2万の少額商品で、写真だけで確認できるような商品は現物確認は不要で、実際昨年は1万円で中古のデジカメを購入し、今も問題無く使っています。

最高落札者は現物確認をしていない人でした・・・

最終的には30件程の入札があり、無事にキャンピングカーを売却することができたのですが、最高額入札者は現物確認をされていませんでした。それでも写真と質問の内容だけで大丈夫だと判断し、入札をしたそうです。

落札から2日後にはキャンピングカーを引き取りに来られ、思っていたより程度が良いということで、非常に喜んで乗って帰られました。ちなみに支払いは落札の翌朝には簡単決済で入金があり、支払いも非常にスムーズにしていただきました。

その後1週間もしないうちに名義変更も完了され、完全に私の手元からキャンピングカー・ジルは離れていきました。19年23万キロも乗っていた思い出のたくさん詰まったキャンピングカーでしたが、大切にしてくれそうな方に購入いただけ、とても良い取り引きとなりました。

日本のどこかで、かつて私の所有していたキャンピングカーが元気に走り回っていると思う時、今の愛車であるハイエースで車中泊の旅に出かけ、どこかで偶然会うことがあるかもしれないと密かに期待をしている私でした。

キャンピングカー関連ブログはコチラ(日本ブログ村)

アウトドア関連ブログはコチラ(日本ブログ村)

関連ブログランキングに参加しています。

関連記事

ページ上部へ戻る