中古キャンピングカー『RVランド ランドホーム コースターロング』 2012年式 2WD/AT 走行1.4万km を検証

RVランドというキャンピングカービルダーが製造した、ランドホームというバスコンが中古キャンピングカー市場に出ています。

RVランド ランドホーム コースターロング

ただ、普通のバスコンとはちょっと違う雰囲気で、コースターベースのバスコンの中でもかなり高級路線をいっているバスコンになります。

RVランド ランドホーム コースターロング

ベース車両は『トヨタ コースター EX ロング』で、全長6,990mm×全幅2,040mm×全高2,670mmというサイズで、国産の5×2サイズのキャブコンより全長が2mも長い車両になります。ボンネットを持たないベース車両の構造は同じなので、その2m分が丸々車内空間に反映されているので、車内は相当広いはず。

RVランド ランドホーム コースターロング

リアの収納庫も巨大で、キャンプ用のチェアやバーベキューコンロ、テーブルやタープなど、何でも飲み込んでしまいそうな大きさ。

RVランド ランドホーム コースターロング

ルーフにはソーラーパネル(84W×4枚)という豪華仕様で、このソーラーパネルで発電された電気を受けるサブバッテリーも(FIAMM 205Ah×4本)と超強力。普通にキャンピングカーを使用しているだけであれば、おそらく自宅で外部充電器を使った補充電をしなくてもよさそうな感じ。

RVランド ランドホーム コースターロング

車内レイアウトは、運転席・助手席の後部がラウンジシートのようになっており、長めのテーブルを使って3~4名が座って寛げるような空間になっています。

RVランド ランドホーム コースターロング

そのラウンジシートの部分から後方を眺めると、遥か先に車両後部の壁が見えます。長い廊下を歩いていくと、後部ベッドスペースに到着するといった感じ。

RVランド ランドホーム コースターロング

こちらはおそらく温水ボイラーだと思われます。パワーソースは電気もしくはエンジンの冷却水などを回してお湯を作る装置だと思いますが、この写真だけでは詳細は不明。

ただ、LPボンベを搭載していますが、カセットボンベなのでこれはコンロ用で、温水装置用ではないはず。最近は5kgといったLPガスボンベを搭載しないキャンピングカーが増えているため、RVランドも昔からLPガスボンベを搭載しないキャンピングカーを製造していることもあり、温水装置のパワーソースはLPガスではないと思われます。

RVランド ランドホーム コースターロング

ラウンジ部分をフロアベッドに展開した様子がコレ。後部にある特注2段ベッドと合わせて、乗車定員6名、就寝定員6名を確保。

RVランド ランドホーム コースターロング

この、『RVランド ランドホーム コースターロング』の主な装備品は次の通り。

ABS、ETC、TV(2台22インチ・32インチDVD付)、カーステレオ、カーナビ(ポータブル)、バックアイカメラ(2台)、サイドオーニング(4.5m)、ベンチレーター(MAXXFAN)、リアクーラー、リアヒーター、FFヒーター(軽油式) 家庭用エアコン、走行充電システム、サブバッテリー(FIAMM 205Ah×4)、外部AC入力、外部充電器、インバーター(1,500W)、冷蔵庫(DC/90L)、コンロ(2バーナー)、電子レンジ、給水タンク(104L)、排水タンク(93L)、温水ボイラー、シャワー設備(温水可)、トイレ(カセット)、LPボンベ(カセット3本組)、スタッドレスタイヤ(ホイール付)、ホイールキャップ、4輪エアサスペンション、自動ドア、路肩灯、ブラックウッド調ハンドル、ブラックウッド調インパネ、ソーラーパネル84W×4、ステップ足踏板、洗面セット、アウトプットコンセント(左右)、フロントスピーカー、車載用地デジチューナー、特注2段ベッド、HIDヘッドライト、集中ドアロック(リモコンキー)

何か、こんなに装備品のある中古キャンピングカーを検証するのは久しぶりかもしれません。フル装備というより、無いものが無いといった感じすらします。

RVランド ランドホーム コースターロング

冷蔵庫はよく冷えるDC/90Lをチョイスしているところが、キャンピングカーをよく分かっているオーナーさんだったんだと思うところ。

RVランド ランドホーム コースターロング

シンク周りもRVランド社製のバスコンらしく、かなりカッチリと造り込んであります。

RVランド ランドホーム コースターロング

カセットトイレはもう当たり前のように装備されていて、温水シャワー設備も装備されています。

RVランド ランドホーム コースターロング

最近のキャンピングカーのトレンドでもある、家庭用エアコンもしっかりと装備されていて、おそらく4本積んでいる205Ahのサブバッテリーとインバーターを使って静かに運転するのだと思います。

RVランド ランドホーム コースターロング

特注の2段ベッドを装備しており、後部就寝スペースの上に左右に分かれて2段ベッドを配しています。

RVランド ランドホーム コースターロング

この辺りのレイアウトはあまり見掛けることがなく、やはりコースターEXロングがベース車両になっているからこそできる改造だと思います。

RVランド ランドホーム コースターロング

2012年式と、2015年時点で3年落ちと、コースターベースのバスコンにしては年式が新しく、走行距離も14,050kmと新車並み。前オーナーはこれ以上のキャンピングカーでも見つけたのでしょうか?あまりに早く手放しているので、何があったのか気になるところではあります。

4,009ccのディーゼルエンジンは180馬力の出力で、ミッションはバスコンではお約束のAT仕様。

RVランド ランドホーム コースターロング

気になる価格は、1,248万円(税込)と決して安くはありませんが、この装備品を見る限りでは、新車でこれだけの装備品を付けようと思えば2,000万円近くなってしまうのではないかと思われ、そう考えるとかなりお買い得な中古バスコンだと思います。

2,000万円は大げさだとしても、1,500万円は確実に掛かっているバスコンだと思うため、やはり3年落ちで200万円以上のディスカウントはお得だと思うところ。

RVランド ランドホーム コースターロング

もちろん年式が新しいので、自動車NOx・PM法適合 九都県市条例ディーゼル規制にも適合しているため、長く乗る事ができます。

私も将来的にはバスコンに乗りたいとずっと思っているため、中古のバスコンはウオッチしているのですが、なかなか今回のような装備が充実したバスコンは出てこないもの。

それにバスコンは待っている人も多いため、中古市場に出てくる前に売れてしまうという事情もあります。中古のバスコンは中古キャンピングカー市場でも圧倒的に玉数が少ないキャンピングカーのため、良い車両は早い者勝ちみたいなところもありますね。

RVランド ランドホーム コースターロング

「いつかはバスコン」と思いながら、今日も中古キャンピングカーの販売サイトを見る私でした。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る