中古キャンピングカー『RVランド ランドホームR』 2011年式 2WD/AT 走行0.95万km を検証

RVランド ランドホームRというバスコンが中古キャンピングカー市場に出ています。確か、『R』というのは、日野自動車の『リエッセ』のRだと思われ、現在は生産をしていない車両ではないかと記憶しています。

中古キャンピングカー

オリジナルカラーを施しているという外観は、確かにコースターベースのバスコンとは一線を画す見た目になっています。

中古キャンピングカー

出入り口は通常助手席になっている部分のみとなっており、運転席には助手席側入り口から乗り込む仕様。まさに『バス』そのものといった感じ。

中古キャンピングカー

ご覧の通り助手席はありません。

中古キャンピングカー

インパネのウッドパネルが無ければ路線バスと間違えてしまうような内装。バス好きにはたまらない車両かも知れませんね。

中古キャンピングカー

車両サイズは全長6,990mm×全幅2,080mm×全高2,830mmという大きさで、7mに迫ろうかという長さのため、かなり室内は広々としています。

中古キャンピングカー

セカンド・サードシートは前向きでも対面でも使える仕様。シート生地が何となく豪華な感じで、サロンバスのよう。

中古キャンピングカー

サードシートの後方にはコの字型のダイネットもあり、この写真だけを見せられれば、どこかのスナックかと勘違いしそうな雰囲気があります。

RVランド ランドホームR(リエッセ)の主な装備品は次の通り。

ABS、ETC、TVアンテナ(地デジチューナー)、TV(液晶×2台)、カーステレオ、カーナビ(HDD/フルセグ)、バックアイカメラ、ベンチレーター(MAXXFAN×2)、リヤクーラー、リヤヒーター、FFヒーター(ベバスト3900)、走行充電システム、サブバッテリー(205Ah)、外部AC入力、外部充電器、インバーター(1,500W)、冷蔵庫(DC/40L)、電子レンジ、給水タンク(10L)、排水タンク(10L)、DVDプレーヤー×2台、リヤスピーカー

という内容で、エアコン関連は純正のものだけのよう。これだけの大きさのキャンピングカーであれば、現在主流になっている家庭用エアコンを装備し、室内を快適に保てるようにすれば価値あるキャンピングカーになると思われます。

中古キャンピングカー

全面をベッドにすれば、広大なベッドルームが出現。5×2サイズのキャブコンでは実現できないような空間となります。

中古キャンピングカー

後部ダイネットのさらに後ろに扉があり、そこを開けるとギャレーの姿が。電子レンジとポットが置いてあり、普通の住宅のよう。トイレルームかと思いきや、台所といった感じ。

緊急用にポータブルトイレを置いておけば、いざという時には重宝しそうな空間です。

中古キャンピングカー

ワードローブもありますが、純正エアコンのダクトと吹き出し口がスペースを圧迫。これはバスコンというベース車両の特性上、仕方のない部分でもあります。

中古キャンピングカー

どこかの旅館の一室みたい。

中古キャンピングカー

人によって使用頻度は違うと思いますが、とりあえずあれば便利な装備品と言えるのが、この電子レンジ。ただ、サブバッテリーへの負荷が大きいため、頻繁に使用できるものでもありませんが・・・。

中古キャンピングカー

窓際に大型の液晶テレビも装備されています。ブラウン管テレビの時代ではこのような場所に設置することはできませんでしたが、液晶テレビが登場してからはキャンピングカー内での設置の自由度が飛躍的に上がりましたね。

中古キャンピングカー

前方の入り口付近には上開き式の冷蔵庫を装備。このあたりの配置も観光バスのような雰囲気。

中古キャンピングカー

運転席の上部にも液晶テレビの姿が・・・。バックアイカメラのモニターなのでしょうか?

2011年式と2016年時点で5年落ちという、バスコンにしては非常に高年式の車両。走行距離はナント9,500kmという新車並の走行距離。

やはり7mに迫るボディーサイズは取り回しや駐車場所に苦労しそうで、本当にキャンプ旅に出る時ぐらいしか出番がなかったのかも知れません。

4,700ccのディーゼルエンジンの最高出力は180馬力。トルクに至っては50.0kg-mもあるMT仕様車。

走りに関しては不満は無さそうで、乗車定員10名、就寝定員6名で使うにはパワー不足を感じることはないでしょう。

価格は1,038万円(税込)というお値段ですが、現在生産されていない希少価値がある車両ということと、高年式・低走行車ということもあり、この価格は妥当なところではないかと思われます。

一説によればトヨタのコースターも生産中止が検討されている車種ということらしく、200系ハイエース同様に購入を検討されている方はそろそろ決断をした方がいいかも知れませんね。

関連記事

ページ上部へ戻る