中古キャンピングカー『ロータスRV/マンボウ』2007年式 2WD/AT 走行9万kmを検証【引き戸などの装備品を詳しく検証】

ロータスRVというキャンピングカービルダーが製造している、『マンボウ』という小型キャブコンキャンピングカーが中古市場に出ていました。

マンボウ,キャンピングカー

このマンボウというキャブコン、今はマンボウEVE、マンボウAVG、マンボウFamilleという姉妹車も出ていて、今回中古キャンピングカーとして出ているのはその初期の頃のモデル。

マンボウ,キャンピングカー

マンボウの特徴はその車両サイズ。全長4,960mm×全幅1,780mm×全高2,540mmというサイズで、特にカムロードベースのキャブコンであれば全幅が2mを超えているものが多い中、このマンボウは1.8m以下の全幅のため、乗用車からの乗り換えでも運転に困ることはあまりないと思います。

小型キャブコンというジャンルに属し、ベース車両はマツダのボンゴトラックを採用しています。

マンボウ,キャンピングカー

センターエントランスで、エントランスを入った正面にダイネットとキッチンスペースがあります。センターエントランスだとエントランスドアを開けた時にダイネットが丸見えになってしまうという指摘もありますが、常にエントランスドアを開放して使う訳ではないため、それ程気にすることはないと思います。

無理にリアエントランスにすることによってデッドスペースが増えることの方がデメリットになると私は思います。

マンボウ,キャンピングカー

この中古キャンピングカー『マンボウ』の特徴として、ダイネットの後部に引き戸で仕切られたフリースペースがあるということ。キャンピングカーの室内に引き戸を採用している車種は珍しく、引き戸のいいところは狭い空間を上手に使えるところ。

開き戸の場合であれば、扉の前に荷物やシートを展開することができませんが、引き戸であれば扉の前に荷物を置いたり、シートを展開しても開閉が可能。この中古キャンピングカーではフリールームに何も置いていませんが、ポータブルトイレを置いてトイレルームにしたり、カセットトイレとシャワー設備を取り付けるという使い方もできます。

マンボウ,キャンピングカー

外部からアクセスできる大き目のドアも装備されていることから、収納庫としての使い勝手も良さそうです。

では、このマンボウシリーズは全てこのような引き戸が付いたフリールームが装備されているのか、ちょっと疑問に思ったため調べてみました。

マンボウ・・・引き戸が付いたフリールーム
マンボウEVE・・・開き戸のフリースペース(カセットトイレ・シャワーが装備可能)
マンボウAVG・・・開き戸のフリースペース(カセットトイレ・シャワーが装備可能)
マンボウFamille・・・フリールームの設定は無し。代わりに2段ベッドを装備。

というように、引き戸はこの中古キャンピングカーの『マンボウ』だけのようです。

マンボウ,キャンピングカー

スペース効率の良い設備だけに、フリールームに積極的に採用しても良さそうなものですが、やはり室内空間にその他の装備品を詰め込むにはこれだけの大きさのフリールームは必要ないということなのでしょうか。私はこのフリールームの大きさは評価できると思うのですが・・・。

この中古キャンピングカー『マンボウ』の主な装備品は次の通り。

ベンチレーター(MAXFAN)、アクリル2重窓、サイクルキャリア(フィアマ 2台積)、リアクーラー、FFヒーター(ベバスト)走行充電システム、サブバッテリー(ダブル)、外部AC入力外部充電器、インバーター(300W)、冷蔵庫(DC 40L)、コンロ(カセット)、給水タンク(10L)、排水タンク(10L)、サンルーフ、サブバッテリーメーター、となっています。

マンボウ,キャンピングカー

Ffヒーター(ベバスト)やサブバッテリー(ダブル)、冷蔵庫(DC 40L)など、小型キャブコンの割には装備品が充実していて、フリールームにポータブルトイレを設置すれば他に必要なものはあまりないと思われます。

強いて言うなれば、私もキャンピングカージルを使っていて非常に便利だと思える、サイドオーニングが装備されていればと思いました。ただ、車両の上部側面にある程度の重量物を取り付けることになるため、走行安定性を考えれば、取り付けには一考を要する装備品ではあります。

マンボウ,キャンピングカー

2007年式と、2014年現在で7年落ち。走行距離は9万kmとキャンピングカーとしてはそこそこ走っている部類。逆に考えれば、それだけ使い勝手が良く、アチコチに出かけて行くことができたという証拠。

よく中古キャンピングカー市場に出ている巨大なアメ車キャンピングカーの中には、10年落ちという年式にも関わらず、走行距離が2~3万kmという車両も珍しくはなく、やはり車体のサイズが大き過ぎると普段の買い物などに使う気になれず、動かすのは年に数回という状態の車両も多いはず。

その点、この中古キャンピングカー『マンボウ』であれば、乗用車感覚で乗り出すことができるため、普段の買い物などにも使おうという気になるかもしれません。実際私のキャンピングカージルも、5×2サイズのキャブコンですが、近所のコンビニや銀行に行ったりと、普段の足代わりにかなり活用しています。そのせいもあってか、現在の走行距離は15万kmを超えてしまいました。

あ、話が逸れてしまいましたが、要は小型キャブコンは使い勝手がいいということを言いたいということ。

マツダのボンゴトラックのスペックは次の通り。

エンジンはガソリンで2WD/AT。1,800ccの排気量で最高出力は95馬力。最高馬力が100馬力に満たないガソリンエンジンのため、低速トルクは期待できませんが、ある程度スピードにのってくればそれなりに走るのではないかと思います。小型キャブコンとは言え、重量の重いキャンピングカーのため、本当は低速トルクのあるディーゼルエンジンがいいのですが、やはり小型キャブコンに無理にディーゼルエンジンを搭載する必要もないかもしれません。

キャンピングカーのベース車両に採用するのであれば、3,000cc程のディーゼルエンジンになるため、これは現行のカムロードと同じ。であればコンパクトキャブコンにならないため、やはりこのボンゴのようなベース車両にならざるを得ないかと思うところ。

マンボウ,キャンピングカー

ちなみに、この中古キャンピングカー『マンボウ』の乗車定員は何と7名、就寝定員は4名となっています。

マンボウ,キャンピングカー

バンクベッドはやや圧迫感がありそうですが、寝るだけと割り切ればこの位のスペースでもいいかも。

マンボウ,キャンピングカー

価格は238万円(税込み)と、かなりリーズナブルな価格で、最近のミニバンより安い金額でこんな充実装備のキャンピングカーが手に入るなんて、「中古キャンピングカーってやっぱりいいよなぁ~、次に買うなら自分も中古キャンピングカーだな~」と思ってしまいました。

関連記事

ページ上部へ戻る