中古キャンピングカー『ナッツ クレソンJr』2007年式 2WD/AT 走行5.6万km を検証

クレソンJrというキャンピングカーが中古キャンピングカーとして出ています。

中古キャンピングカー クレソンJr

確か九州に本社のある『ナッツ』という会社が製造しているキャンピングカーだと思います。

中古キャンピングカー クレソンJr

日産バネットトラック(1,880ccのガソリンエンジン・AT)をベース車両として使い、キャブコンの中でも小型の部類に入ります。

全長4,990mm×全幅1,890mm×全高2,820mmというサイズは、トヨタの200系ランドクルーザーと同じ大きさのため、乗用車からの乗り換え組の方でもそれ程大きいと感じることはありません。

中古キャンピングカー クレソンJr

フロントエントランスになっていて、内装のレイアウトはダイネットの後部にトイレルーム(カセットトイレ付き)、最後部に二段ベッドを配置。このコンパクトな車体の中に二段ベッドをうまく配置してあります。

中古キャンピングカー クレソンJr

乗車定員7名、就寝定員6名となっているのは、広いバンクベッドと二段ベッドをうまく車内に取り入れているため。 全幅が1,890mmのキャンピングカーとは思えない程、車内の空間をうまく使っています。

中古キャンピングカー クレソンJr

家具の色はやや渋めのトーンで、グレーを基調色としたファブリックと相まって全体的に落ち着いた雰囲気の中古キャンピングカー。バンクベッドに上がるために使う立派な木製ラダーも標準装備されていることから、バンクベッドへの上り下りに不安はありません。

中古キャンピングカー クレソンJr

このクレソンJrという中古キャンピングカーの主な装備品は、バックアイカメラ、サイドオーニング、ベンチレーター、ガラス2重窓、リアクーラー、FFヒーター(ベバスト)、走行充電システム、サブバッテリー(ダブル)、外部AC入力、外部充電器、インバーター(1,500W)、冷蔵庫(DC/40L)、電子レンジ、給水タンク(20L)、排水タンク(20L)、トイレ(カセット)となっています。

中古キャンピングカー クレソンJr

やはりキャブコンということで、居室部の窓にはガラス二重窓が採用され、二段ベッド部分にも窓があり圧迫感を感じない工夫がされています。

ガラス二重窓はキャブコンならではの装備品で、トヨタのコースター、ハイエースや日産シビリアン、キャラバンなどのいわゆるバスコンやバンコンはガラス一枚の窓のため、断熱性においてはガラス二重窓の方が上。

このガラス二重窓の部分をアクリルにしたキャブコンも多く、アクリル窓においても二重となっているため、こちらも断熱性能がガラス一枚の窓より上。

アクリル窓は丈夫だけど経年劣化で曇りが出る、対してガラス二重窓は事故の際に破損しやすく重量もかさむという、それぞれに長所・短所を持っていますが、キャンピングカーの装備品として有効であることは間違いありません。

中古キャンピングカー クレソンJr

トイレルームもカセットトイレが装備されていて、『使える』トイレスペースとなっています。小型キャブコンというジャンルの中古キャンピングカーですが、FFヒーター(ベバスト)が装備されているところも評価大。さらにサブバッテリーがダブルになっていて、1,500Wのインバーターを無理なく動かせるように電源周りが強化されている点も見逃せません。

中古キャンピングカー クレソンJr

と思って見ていたのですが、たったひとつ残念な点がありました。それはこの天井に付いている換気扇のこと。この白い羽の付いてるベンチレーターは音ばかりうるさくて換気効率の悪いもの。

私のキャンピングカージルにも当初装備されていましたが、あまりのうるささと換気効率の悪さに『ファンタスティックルーフベント』に交換した経緯があります。

この中古キャンピングカークレソンJrの価格は299万円(税込)と、小型キャブコンにしては格安。なので、購入したらスグにこのルーフベントを良いものに交換することをオススメします。3万円も出せばかなり立派なルーフベントファンが手に入るはずですから・・・。

この中古キャンピングカー、クレソンJrは2007年式と2014年時点で7年落ち。走行距離は5.6万kmと、それ程走行している中古キャンピングカーではありません。

コンパクトな車体は非常に取り回しもよく、それでいて乗車定員・就寝定員も確保され、装備品も充実していることから、ベテランキャンパーの方でも満足できる中古キャンピングカーだと思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る