中古キャンピングカー『バンテック コルドランディー』 2013年式 2WD/AT 走行0.18万km を検証

バンテック社のコルドランディーというキャブコンタイプの中古キャンピングカーが出ています。

uc19737p1

中古という位置付けにはなっているようですが、走行距離が1,850kmと、いわゆる新古車といった感じの中古キャンピングカー。

uc19737p2

車両サイズは、全長4,990mm×全幅1,980mm×全高2,950mmと5×2サイズのキャブコンなのですが、ラウンドしたルーフデザインと、スクエアなボディー形状から、実際よりも大きなサイズのキャンピングカーに見えてしまいます。

uc19737p7

室内レイアウトは、センターエントランスを入った正面に大型のフリールームがあり、エントランス入り口付近には防水パン仕様のフロアになっていて、濡れたまま車内に入り、防水パンの脇にある一段上がったスペースに腰掛けることができる構造になっています。

uc19737p4

アウトドアの趣味で使うことを前提に設計されたレイアウトで、フィールドから帰ってきたらそのままキャンピングカー内に乗り込み、キャンピングカーの中で着替えや道具の片付けができるようになっています。

オプションで温水ボイラーなども準備されているため、マリンスポーツなどをして、ウエットスーツのままキャンピングカーに乗り込み、そのままフリールームでシャワーを浴びることも可能な造りになっています。

uc19737p3

後部はL字型のソファーとなっていて、テーブルもあるため後部がダイネットというレイアウトになっています。そのL字型ソファーの前にはギャレースペースがあり、オプションで電子レンジや冷蔵庫なども取り付け可能。

乗車定員6名、就寝定員4名となっていて、バンクベッドに2名、後部ダイネット部分に2名が就寝できるレイアウトになっています。ただ、後部のL字型ソファー部分に座っての長時間移動は厳しいものがあると思うため、実質は2名で趣味のための基地として仕様するのが、コルドランディーの快適な使い方ではないかと思います。

uc19737p6

バンクベッドの機能も特徴的で、スライド式ではなく、右側常設:2050㎜×760㎜・左側折りたたみ式:2020㎜×640㎜という構造になっていて、それぞれに就寝スペースを確保できような造りになっていて、使用しない時は左側を折りたためば室内を広く使うことができます。

コルドランディーの主な装備品は次の通り。

アルミホイール、エアバッグ(運転席・助手席)、ETC、カーナビ(HDD)、バックアイカメラ(カラー)、ベンチレーター、アクリル2重窓、FFヒーター(ベバスト)、走行充電システム、サブバッテリー(トリプル)、外部AC入力、外部充電器、インバーター(1,500W)、冷蔵庫(DC/65L)、コンロ(2口)、電子レンジ、給水タンク(73L)、排水タンク(73L)、セパレートエアコン、電圧・電流モニター、ワイドタイヤ、ルーフレール/リアラダー、バンク左ウインド、リード固定フック

装備品の中でも特徴的なのが、リードフックと呼ばれる、いわゆる愛犬をキャンピングカーに繋いでおくための金具。意外にキャンピングカーの外部にはリードを繋ぐ場所がなく、我が家も犬を飼っていますが、キャンピングカーにリードを取り付ける場所はありません。

仕方ないので、ミラーのアームなどに長い紐などを取り付けて、簡易的にリードを取り付ける場所を毎回作っています。

サブバッテリーがトリプルなのは、セパレートエアコンを作動させるためだと考えられます。やはりキャンピングカー内の空調システムとしては国産の家庭用エアコンが最強ということなのでしょうか。今ではすっかりキャンピングカーの装備品のスタンダードになりつつある家庭用セパレートエアコン。今後はますますキャブコンに搭載される比率が高まるのは間違いありません。

uc19737p8

カムロードのディーゼルターボエンジンの最高出力は144馬力で、最大トルクは30.6kg-mとなっていて、これだけのスペックがあればかなり軽快に走行することができると、91馬力の旧々々カムロードのジルに乗る私には羨ましい限り。

ジェットスキーをキャンピングカーで牽引していると、坂道でアクセルベタ踏みにも関わらず時速40km/h程しか出ない場合もあり、後続車に迷惑を掛けているといつも冷や汗ものです。

やはりキャンピングカーと言えども車ですから、ある程度は軽快に走行して欲しいもので、次にキャンピングカーを買う場合には、エンジン馬力にも着目して車種を選定しなければなりません。

uc19737p5

2013年式と、2015年現在で2年落ち。走行距離は前述の通り1,850kmと新車と変わりありません。

価格は599万円(税込)と、中古キャンピングカーにしては高額だと思うかもしれませんが、新車のコルドランディーの価格(2WD/ATディーゼル)は、648
万円。それを考えれば、新車から50万円分の値引きがあるということで、お得感が分かるというもの。

この中古キャンピングカー、コルドランディーは、アウトドアの趣味を持つ方には最適なキャンピングカー。私も子供がついてこなくなったら、こんな趣味に特化したキャンピングカーに乗って楽しむのもいいかもしれないと思ってしまいました。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る