中古キャンピングカー『ロータスRV JACT』 2013年式 2WD/AT 走行1.6万km を検証

ロータスが製造したオリジナルキャブコン『ロータスRV JACT』というキャンピングカーが中古キャンピングカー市場に出ています。

ロータスRV JACT

キャンピングカーショー等でも見たことのないキャンピングカーで、ベース車両はマツダのボンゴトラック。バンクベッドからフロントノーズまでのデザインに一体感があり、ライトキャブコンとしては非常にスタイリッシュなキャンピングカーだと思います。

ロータスRV JACT

車両サイズは全長4,760mm×全幅1,940mm×全高2,680mmといういわゆるライトキャブコンのジャンルに入る大きさで、全長と全幅が抑えられていることと、ライトトラックベースということで、取り回しも良さそう。

ベース車両のマツダ ボンゴトラックは1790ccのガソリンエンジンで102馬力。2WD/4ATとなっています。後輪がダブルタイヤになっているのは安心。最近カムロードのリアシングルタイヤのバースト問題が時々ネット上で議論されていますが、そういった点においてはダブルタイヤは安心感がありますね。

ロータスRV JACT

運転席側最後部にはフリールームへアクセスできる大き目の扉があり、大型のキャンプグッズの出し入れもしやすそう。

ロータスRV JACT

助手席側の最後部には、キャンピングカー業界で最近人気のあの装備品の姿も。家庭用エアコンの室外機です。後輪タイヤの後ろの空いているスペースにうまく収めてあります。

ロータスRV JACT

その家庭用エアコンを駆動するのに使う電源はこのホンダのEu16iという発電機。マフラー部分もうまく処理されているようで、収納スペースに入れたまま運転することが可能になっている様子。

ロータスRV JACT

ダイネットはセカンド・サードシートとサイドソファーを使って展開するタイプ。ライトキャブコンにしては広々としたスペースで、4人家族であれば十分にくつろぐことができそう。

ロータスRV JACT

バンクベッドは面白い形状で、通常のバンク部分とその先に延長したマットが敷かれ、大人1名、子供2名であれば十分就寝可能なスペースになっています。

ロータスRV JACT

転落防止用ネットもしっかりと装備されており、これなら寝相の悪い子供やお父さんでも大丈夫。

ロータスRV JACT

フロアベッドを展開するとこんな感じで、全面がフラットになるため、大人2名でも広々と就寝することができそう。これで乗車定員7名、就寝定員4名ということで、就寝定員については十分実用的。

ロータスRV JACT

ギャレーの天板も大きく、ライトキャブコンとは思えない程、各スペースが広々としています。

ロータスRV JACT

収納スペースもきちんと確保。

ロータスRV JACT

エントランス脇のスペースには電子レンジも装備。

ロータスRV JACT

エントランス上には液晶テレビ(シャープのアクオス)も装備されています。

『ロータスRV JACT』の主な装備品は次の通り。

●ジェネレーター
●サイドオーニング
●電子レンジ
●フロントエアコン
●ギャレー
●インバーター
●走行充電システム
●GPS(ナビゲーション)
●バックアイカメラ
●TV/TVビデオ
●冷蔵庫(12V)
●フォグランプ
●FFヒーター(ガソリン)
●1500Wインバーター
●セパレートエアコン
●ミラー型モニター

という内容で、ライトキャブコンというジャンルのキャンピングカーですが、かなり装備が充実しています。

ロータスRV JACT

シンクは小ぶりながら渋い色のものを採用。清潔感があります。

ロータスRV JACT

シンク下には給・排水タンクが収められています。

ロータスRV JACT

エントランス脇には12Vの冷蔵庫が装備されており、この位置関係が外からも使い易いため、一番だと私は思っています。最近は100V、12V、LPガスの3つのパワーソースを使う3WAY冷蔵庫を見掛けることが少なくなり、やはりキャンピングカー搭載のLPガス充填拒否問題がネックになっているのでしょうか?そんなことを考えさせる装備内容となっています。

ロータスRV JACT

ギャレーの上付近に家庭用エアコンの室内機が装備されています。国産メーカーであるパナソニック製を採用。ルーフエアコンや窓掛け用冷房専用機などもありますが、やはりこのタイプのエアコンが最強だと私は思っています。

後は耐久性の問題ですが、少なくとも故障が頻発して使い物にならないという話を聞かないことから、メーカーが推奨している使い方ではないのでしょうけど、今のところは問題はなさそうというのが結論。

ロータスRV JACT

ギャレー下にも大きめの収納スペースがあり、使い勝手が良さそう。

ロータスRV JACT

さらに結構な大きさのフリールームも装備されており、ポータブルトイレを置いて使うにも十分なスペースを確保。ライトキャブコンというジャンルのキャンピングカーながら、就寝、収納、トイレスペースとカムロードベースのキャブコンと遜色ない装備内容に驚かされます。

ロータスRV JACT

2013年式と2016年時点で3年落ち。走行距離は16,000kmとほとんど走行していない低走行車。価格は408万円(税別)と、200系ハイエースベースの新車バンコン並みの価格で、これだけの装備品が付いてこの価格というのはかなりお買い得な気がします。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る