中古キャンピングカー『バンテックセールス ZiL520』 2012年式 4WD/AT 走行3.9万km を検証

バンテックの主力キャンピングカーである、ジル520が中古キャンピングカー市場に出ています。

バンテックセールス ZiL520

初期モデルのジル520が発売された時には、5,150mmというやや中途半端な全長が気になったものですが、ハイエースのスーパーロングが5,380mmということを考えると、それ程長いという訳ではありません。

バンテックセールス ZiL520

外観のデザインは現行型のジル520と同じですから、現行型のジルの4WD/ATが800万円を超える価格のため、もはや普通のサラリーマンに買えるような価格ではないため、中古キャンピングカーという選択肢も十分に視野に入るというもの。

バンテックセールス ZiL520

前のオーナーがソーラーパネルを装備しているようです。これも価値のある装備品だと思うため、最初から装備されているというのは嬉しいところ。

バンテックセールス ZiL520

運転席は見慣れたカムロードですが、ウッドパネルなどを前オーナーが取り付けている様子。他とちょっと違うテイストに仕上がっているよう。

バンテックセールス ZiL520

バンクベッドは開口部が大きく、先端が細いため、縦に寝るのが正解で、大人2名であれば余裕のスペースがあります。

バンテックセールス ZiL520

セカンドシートが前向き展開できないため、移動中はサードシートに家族が乗るような感じになります。セカンドシートにも乗れないことはありませんが、後ろ向きのまま長距離を移動するのはちょいと疲れそう。

バンテックセールス ZiL520

何より、サードシートには3点式のシートベルトが装備されているため、走行中もはやはりサードシートに着座し、シートベルトをしっかりと締めておいた方がよいでしょう。

バンテックセールス ZiL520

ギャレー周りはコンパクトに纏められています。二口コンロとシンク、冷蔵庫をうまくパッケージングしています。

『バンテックセールス ZiL520』の主な装備品は次の通り。

アルミホイール、エアバッグ(デュアル)、ABS、ETC、TVアンテナ(地デジ)、TV(19インチ液晶)、カーステレオ、カーナビ(ポータブル)、バックアイカメラ、サイドオーニング(3.5m)、ベンチレーター(MAXXFAN) アクリル2重窓、FFヒーター(ベバスト/軽油)、走行充電システム、サブバッテリー(トリプル)、外部AC入力、外部充電器、インバーター(1,500W)、冷蔵庫(DC/90L)、コンロ(2口 LP/カセットガス)、電子レンジ、給水タンク(清水20L+生活73L)、排水タンク(70L)、温水ボイラー(LP/ラジエター)、シャワー設備(温水可)、トイレ(カセット)、LPボンベ(2kg×2)、クルーズコントロール、運転席レカロシート、路肩灯、セパレートエアコン、エントランスステップ、ソーラーパネル170W、ランチョ・ショックアブソーバー、ベバコン3、リヤスピーカー、カセットガス供給器

かなりの装備品が付いています。これだけ装備を付けているキャンピングカーだと、車両価格を入れると1,000万円程のキャンピングカーだと思われます。

『バンテックセールス ZiL520』の価格は699万円(税込)というお値段で、2012年式、4WD/ATのディーゼルエンジン車。走行距離が39,400kmとあまり伸びていないことを考えると、妥当なところかと。

バンテックセールス ZiL520

ギャレーがコンパクトなのには理由があり、5,150mmの車両サイズに二段ベッドを装備しようとすればこの位のサイズのギャレーになってしまうのは仕方のないところ。

バンテックセールス ZiL520

フル装備の中古キャンピングカーですから、カセットトイレと温水シャワーも装備。アウトドアスポーツをする方や、トイレの無い場所で車中泊する方にとってはトイレは必須の装備品。

バンテックセールス ZiL520

ダイネットもベッド展開できるのですが、4名で使うのであればダイネットをベッド展開する必要はないと思います。

全長5,150mm×全幅2,110mm×全高2,910mmの車両サイズに乗車定員7名、就寝定員5名の設定のため、4人家族であればかなり余裕あるキャンピングカー生活ができると思います。

2,980ccのディーゼルターボは144馬力。トルクは30.6kg-mもあるため、重い車体でも走りが良さそうなところが非常に羨ましい限りです・・・。

関連記事

ページ上部へ戻る