中古キャンピングカー『ミニキャブ+Jキャビンミニ』 2011年式 2WD/AT 走行2.0万km を検証

軽トラックにキャンピングシェルを載せるというちょっと変わった軽キャンピングカーが中古キャンピングカー市場に出ています。

Jキャビンミニ

軽トラック+バンクベッドのあるキャンピングシェルとの組み合わせはインパクト大。街中でも非常に目立つ存在。最近の軽トラックは少しだけノーズがある形状のため、バンクベッドとのバランスも良く、なかなかスタイリッシュに見えます。

Jキャビンミニ

キャンピングシェル部分は切り離し可能なため、駐車場にキャンピングシェル部分を置いておけば、普段は軽トラックだけで使うことも可能。ミスティックプランニングという山梨にある日本のキャンピングカービルダーが製造しているキャンピングシェルのため、品質的にも問題はありません。

私の友人が同じ会社のキャンピングシェルを購入し、使用していますが、かなりしっかりとした造りで、特にバンクベッド部分が広く、快適に使用しています。

Jキャビンミニ

運転席・助手席は軽トラックそのものですが、最近の軽トラックはインパネ周りを含めてシンプルでいいですね。

『ミニキャブ+Jキャビンミニ』の車両サイズは、全長3,390mm×全幅1,470mm×全高1,790mmという大きさで、軽トラックのサイズに合わせてあるため、高さを除けば非常に取り回しのしやすい大きさになっています。

660ccのガソリンエンジンで最高出力は48馬力。2WD/AT仕様で走行距離は20,500kmと、それ程距離は伸びていません。

Jキャビンミニ

キャンピングシェル内は、エントランスドアの脇に小さなギャレーがあります。折りたたみ式の天板があり、ギャレー部分を広く使えるような工夫がしてあります。

Jキャビンミニ

天井部分にはファンタスティックルーフベントファンも装備。これがあれば夏場に室内にこもる熱気を効率良く排出することが可能。キャンピングカーには必須の装備品とも言えます。

Jキャビンミニ

ギャレーの下には19Lの給・排水タンクが入っています。

『ミニキャブ+Jキャビンミニ』の主な装備品は次の通り。

ETC、カーナビ(メモリーナビ・フルセグ)、ベンチレーター(吸排気)、走行充電システム、サブバッテリー、外部AC入力、給水タンク(19L)、排水タンク(19L)

Jキャビンミニ

バンクベッド部分は高さも十分あり、子供であれば2名は就寝可能。ただ、キャンピングシェル部分に走行中は乗車できないため、乗車定員2名、就寝定員2名となっています。

Jキャビンミニ

後部エントランスドアから内部を見たところです。左右に分かれたベンチシートがあり、数人でテーブルを囲むことができる造りになっています。

Jキャビンミニ

フロアベッドを展開してみると、大人2名が余裕で就寝できるスペースがあることが分かります。軽キャンピングカーでこれだけの就寝スペースが確保できるのは、やはりスクエアな形状のキャンピングシェルの恩恵だと思うところ。

Jキャビンミニ

ベンチシート下にはサブバッテリーの姿も。その他のスペースは収納となっており、ベッド展開した際にはその収納スペースを生かせばかなりの量の荷物を積むことができそう。

2011年式と2016年時点で5年落ち。価格は137万円(税込)と格安のキャンピングカー。

「いいなぁ~、コレ」と思って見ていると、あっと言う間に売約済の表示に・・・。まぁ、好きな人には堪らないキャンピングカーであることには違いありませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る