中古キャンピングカー『ホビー 540UL エクセレント』 2006年式を検証

牽引免許が必要な大型のトラベルトレーラーが中古キャンピングカー市場に出ています。

中古キャンピングカー

車両サイズは全長7,410mm×全幅2,300mm×全高2,520mmという大きさで、日本国内では取り回しにやや苦労しそうなサイズではありますが、その分車内は広々。

中古キャンピングカー

ドローバーを除いた部分を居住空間とすれば、室内長は少なくとも6m以上はあるはずで、国産5×2クラスのキャブコンの室内長が実質は3.5m程という大きさに比べれば格段に居住性は良いはず。

中古キャンピングカー

これは最後部にあるベッドルームの様子ですが、余裕ある全長のため、普通にホテルのベッドのよう。

中古キャンピングカー

真ん中の通路部分に補助マットを敷けば、大人2名+子供2名であれば余裕で就寝可能。

中古キャンピングカー

液晶テレビをセットできるステーの上には半透明の収納スペースの扉があり、このあたりのデザイン性の高さはヨーロッパ車らしいところ。

『ホビー 540UL エクセレント』という車名のトラベルトレーラーで、ホビー社はドイツのキャンピングカービルダーで、キャンピングカー販売会社が日本に輸入をしています。

中古キャンピングカー

もちろんカセットトイレもしっかりと装備。洗面所も使いやすい大きさの物が採用され、室内空間に余裕があればこそのレイアウトとなっています。

中古キャンピングカー

トイレルーム内の収納スペースも充実。やはり国産5×2クラスのキャブコンとはこの辺りの造りが違いますね。

中古キャンピングカー

ギャレーは3口コンロと使いやすそうなシンクの組み合わせ。両方とも蓋が付いているため、使わない時は物を置くのも重宝しそう。この蓋が付いているというのは案外重要で、蓋があるだけでキャンピングカー内の限られたスペースを有効活用できるようになります。

中古キャンピングカー

ギャレー上の収納スペースも充実。走行中に崩れないように工夫をすれば、かなりの量の食器などを収納可能。本格的なキャンプや車旅時にはありがたい装備だと思われます。

ホビー 540UL エクセレントの主な装備品は次の通り。

TVアンテナ(デジハット)、TV(14インチ)、サイドオーニング(2.8m)、ベンチレーター、アクリル2重窓、FFヒーター(トルマ/LP)、サブバッテリー、外部AC入力、外部充電器、インバーター(500W)、冷蔵庫(3WAY/112L)、コンロ(3バーナー)、給水タンク(50L)、排水タンク(22L)、温水ボイラー(AC/5L)、トイレ(カセット)、LPボンベ(8kg×2)、ユーロムーバー、エントランスステップ、ガスオーブン、AVモニター、レンジフード、スタビライザー

という内容で、トラベルトレーラーをヘッド車から切り離して駐車する際に便利なユーロムーバーが装備されているのが良いところ。給水タンクの容量に比べて排水タンクの容量が少ないのが気になりますが、シャワー設備は無いようなので、洗面所を使うだけであれば十分かもしれません。

中古キャンピングカー

トルマのLPガス式FFヒーターが装備されていますが、温水ボイラーがAC仕様のため、冷蔵庫を12Vで使うことにすればFFヒーターをベバストなどに変更してLPガスを使わないトレーラーにするのもアリかもしれません。

中古キャンピングカー

もちろんフロント部分のダイネットスペースも広々。

中古キャンピングカー

テーブルを低くすれば簡易ベッドになり、子供であれば2名は余裕で就寝可能。

中古キャンピングカー

ベッドスペースの補助マットを外せば左右独立したベッドになるため、ホテルのような使い方もできます。やはり全長6mを超えるトレーラーのため、居住性は良さそうです。

2006年式と2016年時点で10年落ち。トラベルトレーラーなので走行距離は不明ですが、エンジンなどの動力系パーツが無いため、あまり車体の不具合を心配する必要は無さそう。

価格は218万円(税込)ということで、同じような大きさのキャブコンやフルコンであればこの倍以上の価格になることは確実で、やはりトレーラーキャンパーはリーズナブルだと感じるところです。

ここまで居住性が良ければ、家庭用エアコンを取り付け、自宅の離れとして使うという方法もアリですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る