ツーリズムエキスポジャパン2015へ行ってきました【その05】

今回は、2015年9月26~27に東京ビッグサイトで開催された、ツーリズムエキスポジャパンを見に行ってきた様子をご紹介。

ツーリズムエキスポジャパン

こちらは、テキサス州政府観光局のブースですが、大勢の人が列を作っていました。何かを配布しているのでしょうか?このようにツーリズムエキスポジャパンの会場内にはアチコチで行列が発生し、いろいろな物が配られている様子。

特に観光ガイドなどのパンフレットの配布が多く、それを入れるための大きな紙袋などもセットで貰えるため、肩から大きな袋をいくつもぶら下げている方が多数。

次から次へと貰っていると、あっと言う間に袋人間と化してしまいそう。しかしそのようにして貰ったパンフレットのたぐいも家に持って帰ってじっくりと見るかと言えばそうでもなく、結局はゴミになってしまうため、今回はパンフレット類を極力貰わないようにしました。

ツーリズムエキスポジャパン

こちらはアラモレンタカーのコーナーで、アラモと言えばAtoZのキャンピングカー名を連想してしまう私ですが、これはレンタカー会社。何だか昔テレビでやっていたウルトラクイズを思い出すような帽子を被って女性二人が記念撮影中。

ツーリズムエキスポジャパン

アラスカシーフード『天然のおいしさを、アラスカから。』ということで、カニなどの食べ物を食べることができるコーナーもありました。写真のカニと漁師さんの笑顔が素敵。

ツーリズムエキスポジャパン

こちらは、メキシコのブース。音楽隊が演奏をしていました。こんな感じでツーリズムエキスポジャパンの会場内ではミニイベントがアチコチで開催されています。これに加えてステージイベントも随時開催されているため、入場口付近にある総合案内パンフレットだけは貰っておいた方がいいかもしれません。

有名人による旅行関連のトークショーなども開催されているため、興味のあるイベントは要チェックです。

ツーリズムエキスポジャパン

グアム政府観光局のブースも出ていました。ニッポンの都市から約3時間半!ということで、3時間半であれば、千葉から河口湖へジェットスキーに行く時間とあまり変わりない時間。

昔一度訪れたことがあるグアムですが、日本は4月初旬にも関わらず、あちらは真夏の陽気。海も非常にキレイで異国を感じさせる雰囲気もよく、とっても楽しかった思い出があります。

3時間半位のフライト時間であれば、飛行機が怖い私でも何とか我慢できそうな感じ。また行ってみたいなぁ~と思う海外の国のひとつです。

ツーリズムエキスポジャパン

こちらは、カナダのブース。時刻は午前11時過ぎ。ツーリズムエキスポジャパン開場から1時間ほどですが、会場内は非常に混雑しています。「みんな旅行に興味があるんだなぁ~」と思う私。確かに旅に出るということは、いろいろと雑多な日常を忘れさせてくれるもの。旅に出ていると「あ~、課長が~、部長が~、会議の資料が~、あ~、俺の人生これでいいのか~?」とかいうことを一時的にでも忘れることができます。

もちろん帰れば現実が待っているのですが、旅は現実逃避という側面もあり、ここまで人を魅了する力があるのかもしれません。

ツーリズムエキスポジャパン

ブリティッシュ・コロンビア州の諸島『ハイダグワイ』にあるトーテムポール群はカナダの世界遺産の一つ。トーテムポールとはカナダ先住民が、家の庭先や墓標として立ててきた柱状の木の彫刻。先住民の家系や伝統、伝説がモチーフにされていて、彼らのアイデンティティーが強く表現されたシンボルだ。

ツーリズムエキスポジャパン

ということで、トーテムポールの模型のようなものが飾ってありましたが、これがなかなかの迫力。近くで見ると結構怖い感じで、小さな子供などは泣き出してしまうかもしれません。なかなかに力強い印象です。

ツーリズムエキスポジャパン

一旦休憩のため、ツーリズムエキスポジャパンの会場の外に出ました。会場の外にも各国の観光地をPRするためのポスターが掲げられていました。

このサモアのポスターは神秘的。こんな青い淵があり、海で泳ぐ女性と、がけから飛び込みをしている男性の姿が。こんな秘密の楽園のような場所で過ごすことができるなんて、夢のよう。

ツーリズムエキスポジャパン

そのお隣のポスターは、クック諸島の海。これまた男女のカップルが手を繋ぎながら海面をシュノーケリング中。もうこの写真だけで説明不要といった感じ。

ツーリズムエキスポジャパン

「ぎゃ~ああああぁ~」というような声が聞こえてきそうなポスター。何かの儀式か祭りなのでしょうか。パプアニューギニアのポスターですが、この意味不明な火あぶり感が逆にインパクト大。何だかよく分かりませんが、印象に残るポスターであることに違いはありません。

ツーリズムエキスポジャパン

エルサルバドル共和国にも富士山のような山があるようです。これはどう見ても富士山にしか見えません。「俺、エルサルバドルに来てるんだけど、ここは山梨か?」と、錯覚してしまいそうな風景。その辺の道で山梨名物の桃やぶどうを売っていそうな雰囲気。

ツーリズムエキスポジャパン

2015年の海の日は終わってしまいましたが、2016年も海の日があります。国が後押しして連休を作ってくれるのはありがたいもの。この調子でヨーロッパの国のように1ヵ月程バケーションが取れる国にして欲しいものです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る