キャンピングカーのバックアイカメラトラブルを直すためのパーツを購入した私

キャンピングカーのバックアイカメラが不調のまま使用をしているのですが、やはり非常に不便極まりない状態。

キャンピングカー トラブル

手持ちのやや古いナビをモニターとして使用できないかと思い、端子部分の基盤から直接カメラの配線に繋げることができないかと考え、ナビを分解してみました。

しかし思いの外基板上には映像端子の接点が集積した状態で配置されており、そこからハンダ付けで接点から配線を取り出すのは私の技術では無理だと判断し、そっとナビを元通りに組み立てる私。

「う~む、それではどうすればいいかなぁ~」と思いながら考えを巡らせ、とあるパーツを注文することにしました。

キャンピングカー トラブル

秋月電子というところで注文したのは小型の電子パーツ。今回もお得意のネット通販ですが、本当にネット通販は便利だと感じるところ。本来であれば秋葉原などのパーツショップに直接行って購入しなければならないこれらのパーツも、ネット通販であれば自宅に居ながらにして注文が可能。

キャンピングカー トラブル

送料が500円程掛かりますが、わざわざ秋葉原まで行く手間と時間を考えれば通販の方が絶対に効率的でお得。

最近はシャンプーやトリートメント、水なども通販で購入するようになり、家電量販店に買い物に行かなくなったのと同じで、ドラッグストアにさえあまり行かなくなってしまいました。

すっかり現在の通販の魅力にハマってしまっているおやじでした・・・。

キャンピングカー トラブル

で、肝心の何を買ったのかと言えば、まずはこの『スプレッドボードEIC‐301』というパーツを差し込むだけで配線が完了するという便利な基盤。

キャンピングカー トラブル

さらにその基盤に取り付ける『ディップスイッチ』と呼ばれる小さなスイッチ。

キャンピングカー トラブル

さらにカメラ側の配線と、ナビに入力する配線をつなぐために使うジャンパー線と呼ばれるものを購入。

キャンピングカー トラブル

最後に配線の被覆用として熱で収縮する『熱収縮チューブ』を2サイズ揃えました。

これらの買い物がネット上ででき、クレジットカードで決済すれば翌日には発送され、その次の日には自宅に届いている「どんだけ便利なんだよ・・・」と思わずつぶやいてしまいそうになる程便利過ぎる通信販売。

これではインターネットの通販サイトを見る度に財布の紐が緩んでしまうので、最近は余程必要なものでもない限り、通販サイトは閲覧しないようにしています。

『この商品を見た後に買っているのは?』
『最近ご覧になった商品およびお客様へのおすすめ商品』
『よく一緒に購入されている商品』
『この商品を買った人はこんな商品も買っています』

など、アマゾンの商品を見ているだけで、これだけの購入を誘う文句が並ぶため、ついつい見ているうちに当初買う予定がなかったものまで何度買ってしまったことか・・・。

「それでも通販サイトって面白いんだよなぁ~」と思いながら秋月電子から送られてきたパーツを眺める私。

中学生の頃はこんなパーツを組み合わせた工作が大好きで、ラジオのキットや時計のキットなどを組み立てて楽しんでいたことを思い出し、懐かしい気持になると同時に、キャンピングカーのトラブルではあるものの、何だかいろいろなことが楽しみになってきました。

キャンピングカー トラブル

さて、お次は違う通販会社から届いたパーツのご紹介。今度はナビに繋げるために使うバックアイカメラ用の映像端子。

キャンピングカー トラブル

CA-PBCX2Dというリアビューカメラ接続ケーブルで、ナビは三洋電機製ですが、パナソニックに吸収合併されたため、パナソニックのこのケーブルが適合するとのこと。

キャンピングカー トラブル

内容はこのような感じで、映像用端子とパーキングブレーキの信号を感知するケーブルの2種類のケーブルが入っていました。

キャンピングカー トラブル

これに少し古い三洋電機のナビを組み合わせ、何とかキャンピングカーのバックアイカメラの映像を復活させたいと思っています。

キャンピングカー トラブル

とりあえず夜も遅いので、これらのパーツとナビ、元々付いていた白黒ブラウン管モニターなどをプラケースに入れ、キャンピングカー内で作業をしようと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る