2001年式キャンピングカージル君の大改造(大改装)ビフォーアフター【その28】

キャンピングカーのリフォームと言うか、改造を諸般の理由により行うことにしました。その時の様子をやや詳しく紹介していくことに。

題して『2001年式キャンピングカージル君の大改造(大改装)ビフォーアフター』と言ったところ。

霞ヶ浦大山スロープゲレンデに来て、ジェットスキーを降ろすためのスロープレールの使用感の確認を実施中。

キャンピングカー リフォーム

先程はさすがにキャンピングカーを霞ケ浦の中に沈め過ぎたのかもしれないため、少し前進して再度スロープレールの状態を検証していきます。

キャンピングカー リフォーム

先程は5分の4程が霞ケ浦に浸かっていた後輪部分を、半分程浸かる程度まで前進。

キャンピングカー リフォーム

マフラーの先端もギリギリ水面直下という感じで、盛大にボコボコと音を立てています。

キャンピングカー リフォーム

ナンバープレートのさらに下、後部スカート部分もはっきりと見えるようになりました。もう一度スロープレールを引っ張り出し、どのような状態になるのかを確認。

キャンピングカー リフォーム

先程より先端部分が水に浸かっている長さが短くなりました。多少でも水に浸かっていればジェットスキーを引き上げることは出来るため、この状態でも大丈夫かと思います。

キャンピングカー リフォーム

キャンピングカーの入口までが長く感じるようになりました。万一スロープレールの強度が足りず、ジェットスキーが落下するようなことがあれば危険かもしれません。

十分な水深があるところまで、キャンピングカーの後端部を水中に入れていた方が安全と言えば安全でしょう。

キャンピングカー リフォーム

この長さは、水からスロープレールが出ている長さ。この状態で238cmありますね。

キャンピングカー リフォーム

こんな感じで計測。

キャンピングカー リフォーム

エントランスドアの下に水面があるため、エントランス部分の床上浸水はこの状態ではしなさそう。

キャンピングカー リフォーム

後輪の車軸部分は水に浸かっているため、リアデフも水没していると思われます。リアデフの延長ブリーザーを取り付けているとは言え、あまり気持ちの良いものではありませんね。

もう少し前後にキャンピングカーを動かし、スロープレールの使用感の確認を続けます。

関連記事

ページ上部へ戻る